行ってきました!ファザーリングジャーパン安藤さんの講演会

昨日、開催された
安藤哲也さん(NPO 法人ファザーリング・ジャパン代表)の講演会、
父親を楽しもう!~育て!パパ力(5月30 日(日)13 時半~15 時、ガレリアかめおか 響ホール)に、亀岡子育てネットワークのメンバーとして参加してきました。

安藤さんのお話を間近で聞くことができ、ファザーリングジャパン関西のメンバーさんである素敵なご夫婦とも知り合うことができました。
それに、今まで直接お会いしたことのなかった風土FOODのメンバーさんともお話しできました。

なんという役得!!

昨日の模様は、その妻さまのブログに詳しく紹介されています。
コトバで育児が楽になる!?【育児のコトノハ】

5月30日講演会の記事
http://ameblo.jp/mamawriter/entry-10549774788.html

夫さんは、男前料理パパ
さわちゃんの男前料理塾

パパも当日の様子をブログに書いています。
5月30日講演会の記事
http://nyasshu.blog96.fc2.com/blog-entry-286.html

料理を楽しんでいて、家庭での平日のお弁当、週末のごはんはパパの担当だそうです。

ステージの上でファザーリングジャパン関西のプレゼンをしていただいたとき、安藤さんに「ちなみに、きょうのごはんは?」と聞かれ、

「かますの塩焼き」と「水菜と豚肉の炒め物」と答えてらっしゃいました。

おいしそうな完成品の写真付き記事はこちら

http://nyasshu.blog96.fc2.com/blog-entry-285.html

子どもがママじゃなきゃダメっていう?ちがう。ちゃんと育児をしているパパには子どもがなつくんだよ。という、安藤さんの言葉通り、

プレゼンのためにステージに上がったさわちゃんパパを、1歳の息子さんが追いかけて登っていき、かわいい姿を見せてくれました。

こどもの生活環境

1年生は来週から付き添い下校ではなく、子ども達だけでの下校が始まる。
金曜日は防犯協会の方が1年生の子ども達の下校に同伴し、注意すべきポイントや「いかのおすし」のお話をしてくださった。
私も途中まで出迎えて、そのお話を少し聞くことができた。

いざというときは、「こども110番のいえ」に駆け込むこと。

あ、あの黄色い貼り紙している家ですね。町内全ての家に貼るようにと数年前に配られたものを、我が家でも玄関に貼ってますよ。
と言うと、そうではない、とのこと。
みどりのマークなのだそうで。
うーん。見たことないなぁ。どこですか?
聞くと、ずいぶん離れている。
しかも、子どもはその家がわからない。
そう言いながら歩いているこの通学路には人影もない。
大声で叫んで、防犯ブザーを鳴らしても・・・

さて、帰って子どもがカバンから取り出した宿題を見ると、
「公園をみつけよう」
近くの公園を調べて、その公園の名前やそこにある遊具、草花について書く、というものだ。

・・・。

子どもは「ちかくに こうえんは ない」
と書いていた・・・。

歩いて10分圏には公園はない。
20分歩いてもない。
30分歩いてもない。

よく行く公園は車で20~30分圏内に3か所ほど。
いずれも他市の公園だ。

そういう環境で、暮らしている。

児童扶養手当が父子家庭にも

蓮舫さん(renho_sha)のTweetより。

参議院本会議で児童扶養手当法が改正さ れ、母子家庭にのみ給付されていた児童扶養手当が父子家庭にも給付されるようになりました。経済的に困窮していても支給対象外だった父子家庭を対象にすべ きと、野党時代から島田ちや子議員を中心に法案をまとめてきたものが、ようやく結実しました。

Twitterのタイムラインに、上記のようなtweetが流れてきました。

今回、児童扶養手当が父子家庭にも支給されることになったのを歓迎します。今まで支給されていなかったのが不思議なくらいです。

おなじひとり親家庭でも、男性と女性では受けられる支援が異なっているのは何故なのでしょう。

男性は正社員として家族を養えるだけの収入があることが多いから?ひとりでそれだけの収入を得られていたのは、家庭生活を支える人がいたからではないかと思います。だから、男性がひとり親として今までの収入を維持しながら子育てを続けていこうとしたとき、お金には代えられないところでの苦労もたくさんあるだろうと想像します。

ところで、

いち早く情報を拾えるので、(時間帯が合えば)twitterは本当に便利!

皆さんも始めてみませんか???
http://twitter.com/

ちなみに私のアカウントはsakai_akiko
↓こちらからご覧いただけます。

http://twitter.com/sakai_akiko

自分の信条に従って行動すること

「世界がもし100人の村だったら」の中の一節

もしもあなたが
いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに
信仰や信条、良心に従って
なにかをし、ものが言えるなら
そうではない48人より恵まれています



以前、この部分を読んだ時はなんとなく流してしまったけれど、今回はノームチョムスキーが語っていた内容と相まって、よりはっきりとこの一節が意味するところを感じ取ることができました。
ノームチョムスキーは、批判されたり著書の出版を妨害されたりすることについて「そんなものはなんでもない」と言っていました。

メディア・コントロール ―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)
メディア・コントロール ―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)

いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに
信仰や信条、良心に従って
なにかをし、ものが言えるのに、

私たちが、何もせず黙っているのは
そうではない48人のことを知らないからかもしれません。

ノームチョムスキーは、批判されたり著書の出版を妨害されたりすることについて「そんなものはなんでもない」と言っていました。

一般庶民にとっての民主主義社会

メディア・コントロール ―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)
ノーム・チョムスキー
集英社
売り上げランキング: 62901

この本のP18に次のような記述がある

さて、これで民主主義社会には二つの「機能」があることになった。責任を持つ特別階級は、実行者としての機能を果たす。公益ということを理解し、じっくり考えて計画するのだ。その一方に、とまどえる群れがいるわけだが、彼らも民主主義社会の一機能を担っている。

民主主義社会における彼らの役割は、リップマンの言葉を借りれば「観客」になることであって、行動に参加することではない。しかし、彼らの役割をそれだけにかぎるわけにもいかない。何しろ、ここは民主主義社会なのだ。そこでときどき、彼らは特別階級の誰かに支持を表明することを許される。「私たちはこの人をリーダーにしたい」、「あの人をリーダーにしたい」というような発言をする機会も与えられるのだ。何しろここは民主主義社会で、全体主義国家ではないからだ。これを選挙という。

だが、いったん特別階級の誰かに支持を表明したら、あとはまた観客に戻って彼らの行動を傍観する。「とまどえる群れ」は参加者とはみなされていない。これこそ正しく機能している民主主義社会の姿なのである。

その、前後の文章にもとっても辛辣なことが書いてある。

あまりに面白いのでもう一度最初から読もうと思っていました・・・しかし、もう返却期限を二日過ぎていることが判明・・。今から返しに行ってきます。

書庫にある本ですので、いったん返してまた書庫から出してもらう手続きをする、というのが面倒で2週間の延長をしてもらいましたが、もういい加減自分で買おう。

メディア・コントロール ―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)
ノーム・チョムスキー
集英社
売り上げランキング: 62901
おすすめ度の平均: 4.5

5 目をそらさないこと、流されないこと
4 入門の入門
5 自明の理・・・偽善者は誰か?
4 戦慄のド迫力の平和論考と言えよう。どこを読んでも切れ味抜群!!
3 メディアリテラシー

憲法9条守る??

5月3日、光秀まつりの日に子ども達と
憲法9条 守る?変える?全国シール投票に参加してきました。

私もシール投票を呼び掛ける側になって、ボードをもちお祭り会場を回っていました。
「ごくろうさま」というねぎらいの言葉をいただいたり。
「どこに事務所があるんや」とか「誰がやってるんや」と聞かれたり。

*呼びかけ人のリストやその趣旨、全国の結果集計については
全国シール投票のブログをご覧ください。
http://qzten.exblog.jp/

「守る」に投票した方の意見。
・戦争はいや
・もう繰り返したらあかん

「わからない」に投票した方の意見
・難しいね
・なんともいえない・・・
1名、外国の方に聞いてみましたら「うーん。むずかしいよね」と言いながら「わからない」に投票してくれました。

「変える」投票した方の意見
・あれは昔に決められたことやから
・周辺の国は脅威(ほんま、こわいで、と繰り返し言っていたのが印象的)
・戦争イヤって言いながらアメリカに守ってもらってるあなたたちは矛盾している。

「変える」に投票した人は比較的意見をたくさん言っていたように感じました。
そして、少し怒っていた人も。(無言で投票する人もいた)

「こういうこと(シール投票)しているあなたたちは、改正に反対なんやろうけど・・・」
と言われましたが・・・いえ。私はいま「わからない」です。
子どもの頃ならば断然「(9条を)守る!」に投票したでしょうけれど。
今より若い頃は、9条を守るなんて現実的じゃない、だなんて思っていたかもしれない。
いろいろなことを知るうち、やっぱり軍事力を持つのは災いの始まりだ、と思ったり、
しかし、具体的に外国の脅威が迫ってきたら同じことを言い続けられるか?と思ったり、
中途半端に知ると「わからない」になっていく。

戦争には反対だけど。
軍事力を侵略に使わなくても反対?
アメリカに守ってもらっていることについてはどう考える?
基地は必要?不要?
そもそも9条を守るということと平和を守るということは同義なの?
戦争を放棄すれば、平和になるの?

でも、子どものことを思うと「9条は守る」とはっきり答えたい。
そのためには、もっと知ること、考えることが必要だと思う。
どんな角度から問われても、ぐらつかないぐらい明確に。
でないと、いざという時いっきに雪崩をうって「やっぱ変える」になってしまうのではないかな?

そう、ちょうど先日ブログに書いた「ハーバード白熱教室」で教授が設問の状況設定を変えると生徒たちの答えがガラリと変わってしまったように。
*番組公式サイト http://www.nhk.or.jp/harvard/index.html

<5/3>憲法9条守る?変える?全国シール投票 亀岡チーム!

<5/3>憲法9条守る?変える?全国シール投票

シールを貼りに来ませんか?

参加した い方は明日5月3日の光秀まつりの日(そしてこの日は、憲法記念日ですよ!!!)
午後1時~3時ごろに南郷公園 周辺に、シールを貼りに来てください。
投票ボードを持っているスタッフがいますので
憲法9条を「守る」、「変える」、「わからない」どれ かにシールを貼ってね。

この活動は、全国各地で行われています。
http://qzth.exblog.jp/

さて、亀岡市ではど んな結果になるかな??
去 年の様子が京都新聞の記事でご覧いただけます。

私も、今年初めてこの企画に参加する予定です。
子どもがボードを持ってシールを集めたい!と熱望するの で・・・(笑)

こう やってシールを貼ってもらうことの意義は、あらためて自分の考えを問いなおすことになるところだと思います。

やる気満々のわが子はこのイベ ントを知って即座に参加を決め、その場で手書きでボードを作成していました。

(シール貼りではなく、ボードを持ってシールを集めるスタッフとして参加したいらしい・・・
*シール貼りだけでなく、シール集めもやってみたいという人は、当日、13時ごろ、南郷公園のしゃちほこのあるあたりに 来てね!)

まだ定規の使い方も知らない年ごろなので線はよれよれ。「守る」「わからな い」「変える」という3等分も適当。みると、真ん中の「わからない」が一番広いスペースとなっていました。でも、実はこれ、「わからない」が多いのが妥当 なのかもしれないですよね。

子どもらしい純真さで彼女は「暴力は絶対ダメ!」⇒だから守る、に貼るのが正しい、と思っているようですが、私 たち大人ははっきりと自分の意見を即答できるほど普段からこの問題について知っているのでしょうか?

憲法9条ってどんな内容だったか正確に 知ってる?単に「平和を守る」ようなニュアンスの条文、という捉え方の人もいるかも?

シール貼りをきっかけに、みんなで考えられるといい なって思います。

<5/2>おてらDeサロンin法華寺/光秀まつりジョイント企画

光秀まつり(京都府亀岡市)のジョイント企画です!!!


桂 春蝶(⇒公式サイトはこちら
落語会

祝・丹波亀山城築城四百年
平成二十二年五月二日()
第一部:午後一時~二時三十分
第二部:午後三時三十分~五時
木戸銭:一部,二部各二千円
会場:亀岡市本町六十七 法華寺
お問合せ・申込先:かめおかまちの元気づくりプロジェクト
事務局:亀岡市安町中畠一三八・松尾:TEL 09038488676/FAX 0771-55-9488

戦争がなくならないワケ・・・メディアコントロール

日本は民主主義社会。
アメリカも民主主義社会。
基本的にはみんな「平和を願う人々」の国。
平和の願う人々が選んだ代表者が政治を行っている国。
独裁者が圧政のもとに治めている国ではないのに。

・・・・なのに、報道規制なんてあるの!?

パレスチナ問題の講演でも報道は偏ってると聞いた。それが問題解決を阻害している大きな要因であると。
日本のメディアが何故偏った報道をする必要があるんですか?と、質疑応答のときにも私は聞きましたがすっきりしなかった。
そのあとも、なんで?なんで?と言っていたら、こんな本を紹介していただきました。

この本は、亀岡市立図書館で借りられます。(私が借りようとしたときは表の棚に並んでいなかったので、書庫から出して来ていただきました)借りて読んだのですが、手元に置いておきたいのでいずれ購入しようと思っています。

中東問題に限らず、ありとあらゆる世界のテロ・・・大国が力を持たない人々に対して行うテロについて明快に論じています。素養がなくてわからない、という部分はあるけれど、理屈は非常に分かりやすいです。

情報は、自分の頭で考えて取捨選択しないと・・・

メディア・コントロール―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)
ノーム チョムスキー
集英社
売り上げランキング: 10573
おすすめ度の平均: 4.5

4 入門の入門
5 自明の理・・・偽善者は誰か?
4 戦慄のド迫力の平和論考と言えよう。どこを読んでも切れ味抜群!!
3 メディアリテラシー
5 メディアとは

ウイグルの母

これは、ウイグルの問題について説明する目的のものではなく、中国の支配下に置かれたウイグル自治区の女性の自伝です。
民族の問題や、政治的な背景を知った上で読むとまた一段とよくわかると思います。
私はウイグルについて詳しく知りませんが、最近少し知ったパレスチナの問題と比して、占領者のやることは、いつでもどこでも同じだと思いました。

この本は、女性の自伝ですから、政治、民族問題に限らず、女性がぶつかるありとあらゆる壁についてのストーリーでもあります。

日本や多くの国と同様の「女は黙ってろ」社会(ウイグルは現代日本よりひどい)で、一人の女性が

望まぬ結婚、出産、
DVを経験し、
離婚し、
起業し、
シングルペアレントとして子ども達のために稼ぎ、
子ども達を引取り、
自分の望むパートナーとの再婚を果たし、
NPO活動を実践し、
社会正義のために働く、という話です。(自分の民族のためだけではない)

私が冒頭部分から驚いたのは彼女のセルフエスティームの高さです。

裁判に引きだされるとき、囚人服から自分のお気に入りの服に着替え た彼女は、鏡に映った自分を美しいと感じます。裁判へ向かう中でも、黒づくめの人々の中で、自分を天使のようだと。

えええ~~~。天使っ て!・・・実は、ちょっと圧倒されました。どうやったら自分自身についてそのように感じることができるのか不思議でした。しかし、読み進めていくうちに、どんなに貶められ 蔑まれても堂々としているのは、自分のためだけではない人生を生きているという誇りがあるからなのだとわかりました。自我から自由だから高く飛べるのですね。

最も印象深かった一説を引用します。

私は自分が信じてさえいれば、必ず成功すると考えるようにしている。いったん始めたなら、その計画を実現するために身も心もささげ、ほかのことには目もくれず、そのことだけに集中する。人生とは挑戦だ、私はそう考えている。のちに漢人が私のことを「冒険者」と呼ぶようになったのも、そうした私の生き方を見たからだ。

この本は、亀岡市立図書館で借りられます。
(ちょうど、いま引用したページにしおりひもを挟んだ)

ウイグルの母 ラビア・カーディル自伝 中国に一番憎まれている女性
ラビア カーディル アレクサンドラ カヴェーリウス
武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング: 206456
おすすめ度の平均: 5.0

5 現代中国における商人道とその挫折
5 ラビアカーディル