放課後児童会の環境改善についての請願

放課後児童会の環境改善についての請願は継続審査となりました。

亀岡市の放課後児童会(なかよし学級)には以前も書いたとおり様々な課題があります。

私が一般質問している以外に保護者の声はあるのか?と聞かれることがあります。保護者の声はあります。団体を通じて上がってこない声はないものとして取り扱うような風潮は残念です。社会教育課でもどんなことに子ども達が困っているのかは把握していただいていますが、正式に保護者の意見を受け止めて、記録を取るということまではしていないそうです。学校によっては放課後児童会の保護者会があるところもありますが、そこでの会議は保護者会の会計、行事などについてが中心です。

放課後児童会の実態については保護者会役員になってみて始めて分かるということもあり、日々の仕事が終わってから迎えに来る保護者は運営上の課題について全てを把握するのは困難ですし、保護者同士の連携もとりにくい状況にあります。

それでも就労や病気の保護者は保育に欠ける児童を預かっていただけるところがあるだけでもありがたく、時間に余裕がない中で自ら改善のためにアクションを起こそうとするには大きな困難があります。基本的に平日の昼間に社会教育課に出向くことは就労している保護者には不可能です。他校の放課後児童会にも多様な課題があることは聞いていても、組織だって連携をすることもできません。どこへ声を持っていけばいいのかわからないまま困ったことがあっても3年間を何とかやり過ごす、というのが実情でした。

しかし、特定の学校の放課後児童会の問題としてでなく、全市的に課題を把握して取り組んでほしいという思いで、現状を変えるためにできることをやってみようと動き出した保護者たちがいます。一保護者としての立場だけでなく、役員として運営状況を目の当たりにし、子ども達の立場でも全体を捉え直してみる必要があるとわかったからです。

署名を集め他校の保護者と個人的に連絡を取り社会教育課に要望を提出したり、保護者と児童にアンケートを取ったり、自校の校長と面談をしたりして日々の仕事の合間にできることをやってきました。取組みを進めるうち、全市的な取組みを一市民の立場から複数の団体に働きかけ連携を取って形にしていくのは膨大な時間と労力が必要だということがわかりました。

そこで 様々あるルートの一つに議会への請願という選択をされました。

亀岡市議会基本条例には市民参加及び市民との連携について次のように定められています。

第6条 議会は、会議を原則公開とする。
2 議会は、市民に対し積極的に議会審議等に係る情報を公開及び提供し、説明責任を果たさなければならない。
3 議会は、参考人制度及び公聴会制度を活用し、専門的知見又は政策的意見を討議に反映させるよう努めるものとする。
4 議会は、請願及び陳情を政策提言と位置付け、その審議等において、これら提言者の意見を聴く機会を設けるよう努めるものとする。

この6条4項に期待して市民は請願しました。

昔はどこの団体がどういう背景で出してきたのか、ということが重要視されたようですが、どこの団体の役職でもない一市民の請願が政策提言として内容で判断されるのならば、市民にとって議会は頼るべき存在になったと言えるでしょう。

この請願は12月17日の総務文教常任委員会で審査されました。紹介議員は私と吉田千尋議員と馬場隆議員でした。就労している保護者のグループにとって月曜日の午前中は参加しにくいということもあり多数の傍聴者・・というわけにはいきませんでしたが、一足先に請願デビューした別の保護者グループが応援に来てくれました。私は残念ながら今回も所属の委員会ではないので傍聴席で心の中からエールを送っていました。

趣旨説明に対し、もっと地元やPTAと調整をして解決を図ってはどうか、という委員もいましたが議会を頼ってきた市民に対して請願を受け止めずに他所へ行けと投げ返すのもおかしな話です。大きな負担の中で活動してきた保護者が声を詰まらせながら訴える内容に対して委員はおおむね好意的で、この場で可決することはできないが継続審査にして現場を見に行った上で判断を示す、ということになりました。とにかく見に行ってほしい、そして対策を考えてほしい、という最優先で取りたかった結果までこぎ着けました。

委員会では、共産党議員団は数年前に現場を見に行った、公明党議員団は代表質問でも取り上げた、○○委員は地元でも問題になっていることは把握している、などの発言がありました。それぞれに問題意識は持っていただいていたようですが、これは同時にそのような個別の活動では議会全体での取り組みにつながりにくかったことを示しています。

市民の請願として出てきたからこそ、取り組むことができるようになったのだと思います。まだこれからですが、ここまでたどりついた保護者の皆さんにお疲れさまと言いたいです。

請願を受けて早速1月に総務文教常任委員会が現場へ視察に行くことが決定しました。放課後児童会の課題はスペース問題だけではありません。それぞれに異なる課題がありますので、指導員さん、保護者、児童にも意見を聞いて、子ども達の健全育成のための政策につなげられればと思います。

文書質問の趣旨について

今年9月定例会で文書質問の導入が決定しました。

介護認定審査会委員について質問しましたところ、その趣旨についてFacebookを通じて問合せがありましたので、この場で回答します。

続きを読む

人事は占い?

12月定例会が閉会しました。

本会議の最後に追加日程として教育委員の任命についての議案が提出されました。
今までは人事案件については質疑等を省略し、ただちに無記名投票による採決に入るのが例でしたが、直前の議運で緑風会より、名前と経歴しか出されていない状況でどう判断するかという問題提起がなされ、本来質疑は省略するものではないという事務局の説明を受けて全会派が採決前に質疑の有無を諮ることに同意しました。

続きを読む

自分で考えて投票すること

12月定例会が開会しました。

が、同時に選挙も始まっています。皆さんお忙しそうで・・・私も誰を応援しているの?と聞かれますが。

それぞれが自分の考えを大いに主張していただき、有権者が十分に吟味して投票できるようにがんばってほしいと思います。どこを見れば候補者の考え方がわかるのかわからないという声があります。

逆にこちらから、なぜその候補者を応援しているの?と聞くこともあります。なるほど、と思う場合もあれば、だったら応援しなきゃいいじゃない、と思う場合もアリ。何にせよ、心底その候補者を応援したいのでなければ、フリをするのはやめたほうがいい。 続きを読む

議決前工事に違反はない

本日10月29日は臨時会でした。
議案は一つだけ。去る9月定例会に提案され、諸般の事情により撤回された亀岡中学校の耐震補強工事契約変更議案です。
子どもたちに安全・安心な環境で教育を受けさせるために必要な工事は当然速やかに行われるべきであり契約金額を増額することについては別段異論なく可決されました。 続きを読む

第7回全国市議会議長会研究フォーラムin松山 報告書

第7回全国市議会議長会研究フォーラムin松山に参加しました。10月10日〜11日。 続きを読む

議会だより原稿

公社の不正な土地処理については十分に問題が認識されないまま、市長の10月分給与3割カットで決着しましたが、それについては次の議会だよりに掲載されます。 続きを読む

視察:おかやまプレーパーク

岡山市でおかやまプレーパークを緑風会の7名で視察し、プレーリーダーの松田さん、NPO法人岡山市子どもセンター理事の美咲さんのお話を伺いました。

子どもの遊びの重要性については私も思うところは同じですが、いかに運営を存続させるかが難しい課題です。 続きを読む

視察:姫路市名古山霊苑

昨日の午前中は姫路市の名古山霊苑を視察しました。

戦後からその場所にある施設ですのでリニューアルに当たっても、住民からの反対の声は特になかったそうです。しかし、市外からの集客(?)UPを図るために超豪華な霊苑を作ったわけではない。
そして、姫路市に合併される前のその他町村にあった2つの火葬場も現役稼働中。それらの利用数がさがってこちらの名古山霊苑の稼働率が上がったわけでもない。

観光スポットとしても有名ということでしたが、仏舎利堂の縦覧料収入は年間70万円程度。
収支はどうなっているのかと聞いてみますと、一般財源で運営しているので全体は把握できていない、との答弁でした。
黒字が出ているはずはないのは当然ですが、大きな赤を生んでいることは想像に難くありません。
15基の人体炉+2基の動物炉があって、十分な処理能力が確保されています。視察当日は友引だったため、利用者は少なかったですが。

視察:三木市総合防災公園

陸上競技場観客席下の備蓄倉庫

昨日の午後は三木市総合防災公園を視察しました。
競技場の観客席の下に備蓄倉庫があります。城陽市や向日市からも視察に来られたそうです。城陽市は商工関係者も来たとか。
なぜって?
例のスタジアム誘致に絡んでのことです。
亀岡市?視察に来られたのは今日が初めてですね〜。とおっしゃっていました。

総面積308haの広大な防災公園を建設し、維持していく財政的な工夫についてもお話いただきました。国の補助金メニューに合わせて考えるのではなく、必要なものをつくるために活用できる仕組みを組み合わせてそれを実現することが大切であり、しっかり自分たちでコンセプトを持って取り組まなければ、単に作るだけでは効果的に運営していくことができません。

備蓄倉庫の上