議会探検ツアー2014

untitled昨日は10時〜11時半、議会探検ツアーを開催しました。 続きを読む

参考人に意見を聞く!・・・何のために?

本日10時から、全員協議会室で議会運営委員会が開催されます。定数・報酬について6名の参考人を招致するとのこと。

しかし、以前も書いた通り議員の定数・報酬を議論する目的は不明なままです。

一体、参考人に何を聞くのでしょうか。

ケーキを作るのか、お好み焼きをつくるのか、それをどれだけ作るのか、その目的によって、卵がいくつ必要で水がどれだけ必要かというのは変わってくるわけで。

こんなもの、いきなり、定数・報酬、どれぐらいがいい?なんて聞いたってわかるわけがない。

定数・報酬についての意見だけでなく、議員・議会について、亀岡市議会に求めるもの、議員・議会のあるべき姿について、その他議会に対して日頃感じていることなど、もお聞きするようです。が。

議運資料のパブコメ案(閲覧のみでまだ公開しない資料だそうで)を見ると、一応の「根拠」が書いてあるけれど根拠になっていない。

 

何がしたいの?

報酬を減らすのはイヤだけど、改選前に「議会が身を切った」体裁をとっておきたいので定数をちょっと減らしておくか。2名ぐらいなら減らしても、自分は当選できそうだな。

なんてことでは決してなくて、市民の福祉向上に一層寄与できる議会とするためにできることとは何かを考えるのであれば、まともに議論もできない現状をどうすればいいのか体質改善を先にやるべき。

目的も決めずに会議を開いてしまうような現状では、定数・報酬をいじる資格はありません。なぜなら、それは今の議員の身分に関することではなく、将来の亀岡市議会を左右するギロンだから。

キャッチボール?ドッジボール?

この週末は、

市民と議員の条例づくり交流会議2014(第14回)
行財政縮小時代と市民自治体
議会で未来をつくれるか!?
議会改革の現段階 「討論の広場」 議会報告会 総合計画 公共施設等総合管理計画

に参加してきました。 続きを読む

議員だより作成中

10432437_638005392950033_1986275975_nこれまで積極的にwebでは情報を発信してきましたが、この数ヶ月の活動で確信したことは、

どうしても伝えたいことは、webだけではなく、お金がかかっても手間がかかっても紙媒体でお届けしなければならない、ということです。そして、読んでいただくためには街宣も必要。 続きを読む

議会は多数決です

荒唐無稽なスタジアム計画への第一歩を賛成多数で認めるという結果となった3月定例会。

議会は市民の代表で構成されているものだから、市民の意見を住民投票で聞く必要はない、議会できちんと予算審査をするから、といって12月に住民投票を退けた議会が実際に行った予算審査はそれはもうひどいものだった。 続きを読む

いくらかかっても構わない?

先日の全員協議会では、「亀岡市が負担すべき公園の整備費用はいくら?」と質問が出て、あっさり「15億円ほど見ていただいています」と答弁が返ってきました。

見ていただいています、って誰が見ているのか知りませんが、初耳です。そして、翌朝には亀岡市の負担が新たに15億円・・・と記事が出ましたね。 続きを読む

夢幻を突き進む・・・

亀岡市の総合計画は「夢ビジョン」と名付けられていますが、ビジョンとはどうやら展望という意味ではなく、幻を意味しているようです。現実から目を背け突き進む、ゆめまぼろし計画。もちろん市民にも現実を見せません。

ひとつ前の投稿で、6月定例会での私の一般質問の内容をご紹介しました。 続きを読む

6月の一般質問

正式版はそのうち公開されるでしょうが6月の一般質問(市長とのやりとり)がおもしろかったので・・・と、どなたかが議事録をテープおこししてメールで送ってくださいました。

ありがたいです。本当は自分でまとめて報告したかったのですが、あまりにもあんまりな内容だったので気力がわいてこず、時間が経ってしまったのでした。 続きを読む

そこを開発して本当に大丈夫か?

京都府の河川課へヒアリングへ行ってきました。
あの一帯を開発しても本当に大丈夫なのか確認したくて。 続きを読む

安全保障を考える

スクリーンショット 2014-07-14 9.18.17自分の感覚に合う人ばかりで集まって、受入れやすい結論ばかり聞いていても広がらない。

もしかしたら、受入れやすい結論も自分とは違う考え方から導きだされているかもしれない。受入れがたい結論が自分とは同じ考え方から出発して自分が持っていない情報から組み立てられたものかもしれない。

○と×では分けられない。
だから、状況が変われば結論も変わることがある。
単純に解りやすく結論だけ教えて、というのは無理なことです。
大事なことは、自分の頭で考えないと。

自分の感覚と違う、と思ったら、なぜその人がそう考えるのか、まずはよく知らないと、と思います。
もしかしたら、持っている情報の量も質も違うかもしれない。

誰にでもきちんと、自分の考え方を筋道立てて話してくれる政治家にお話を伺おう、という企画です。
話し手の考え方をしっかりと聞いて考えを深めたいと思います。
交流の時間もありますが、参加者の持論を発表したり議論を戦わせる場ではありません。

国際情勢や憲法や安全保障についてよくわかっていると、胸を張って言えるほどの知識は私にはまだありません。たとえ自分が知り尽くして考え尽くしたと思っても正解なんてない問題です。

国政を見ている政治家ご本人からお話を聞けるなんてまたとない機会。
ぜひ皆様もご一緒にどうぞ。
7/19は北神けいろうさん、8/2は長谷川ういこさんにお話を伺います。申込不要ですが、基本的に先着順15名ほどの定員です。

大変お忙しい中お話ししに来て下さるお二人にとっても、リラックスして話せるような落ち着いた学びの場にしたいと考えています。