台風時の情報収集

亀岡市の情報サービス等


■ 
亀岡市のメール情報サービス

亀岡市の気象情報や避難情報などの防災情報が配信される「防災情報かめおかメール」
ガラケーでも大丈夫。登録は簡単ですが、知らない方もいらっしゃるかもしれません。まだの方が身近におられたら、お知らせして、必要があれば登録まで手伝って差し上げてください。

亀岡市公式LINE

LINEでも情報が届きます。

オススメは上記の2件。亀岡市のメール情報サービスLINEです。

最低限、どちらかに登録していれば、こちらから探しに行かなくても情報が届きます。FB等にも同様の情報が流れます。

■ 亀岡市役所のFBアカウント
交通情報、避難所など異常気象時等に市民が必要とする情報をタイムリーに届けてくれます。
*フェイスブックを使っていない人も、見ることができます。

同様の内容を一覧で見るには、
■ 亀岡市ホームページの「緊急情報」が便利です。

併せて、災害対策本部長である市長からの情報発信も要チェックです。
■ 桂川孝裕市長のFacebook

 

ハザードマップ

亀岡市の土砂災害(特別)警戒区域
平成28年8月30日現在、亀岡市では土石流:323箇所(内、特別警戒区域203箇所)、急傾斜地:395箇所(内、特別警戒区域386箇所)、合計718箇所(内、特別警戒区域589箇所)が京都府から指定されています。
ハザードマップや避難施設・避難場所情報を亀岡市のホームページから入手することができます。

交通情報

通勤・通学で心配なのは公共交通機関の運行状況や道路の通行規制です。亀岡市のメール情報サービス亀岡市公式LINEからも更新情報が届きます。
亀岡市役所のFBアカウントでも情報発信されています。

■ 電車 JR西日本近畿エリア 運行情報

■ バス 京阪京都交通(コミュニティバス・ふるさとバス)

■ 9号線(老ノ坂)
連続雨量が230mmになると通行規制がかかります。
国土交通省 京都国道事務所のホームページで通行規制情報をみられます。
アクセスが集中するためか、重いときがあります。
twitterでも発信されています。

まだ通行規制はかかっていないけれど、雨量はどれぐらいになっているのか・・・規制値である230mmに届きそうかどうか。(7/5は、規制値に届きそう、という段階で通行規制がかかりました)
気になる場合は、
国交省 雨情報 詳細情報の「国道9号沿線 老ノ坂付近」の連続雨量を見ます。

川の防災情報

■ 国交省 川の防災情報●スマホ版 ●パソコン版
河川の水位と雨量の状況、浸水想定区域図が見られます。

■ 淀川河川事務所 ダム放流量・放流通知
上流の雨が流れてくるのを日吉ダムで調整しています。放流されるときには一気に水が増えるので雨が上がった後も要注意です。

■ 気象庁 レーダーナウキャスト
雨雲はどちらへ向かっているのか。1時間後まで動画による予測が見られます。

 

平成30年7月豪雨のときには、災害対策本部が把握した情報を自治防災課が 亀岡市のメール情報サービスで配信し、それと連携して秘書広報課が亀岡市公式LINE亀岡市役所のFBアカウントにも掲載することで、情報発信されていたそうです。

機器の操作に慣れていない方には 亀岡市のメール情報サービス亀岡市公式LINEからの情報を受け取れるように設定を手助けして、確認方法をお伝えしておけば、いざという時に、信頼できる情報源からの素早い情報発信を防災・減災に役立てていただくことができます。