Archive for マネジメント

スタジアム面積が条例の基準超

9月定例会での馬場議員への答弁で、亀岡市はスタジアムの建ぺい率が都市公園条例3条の3の基準をオーバーすることを認めました。

府はNHKの取材に対し「基本設計を業者に発注した段階では面積の基準があることは把握していたが、十分検討できていなかった。今後、観客席の形などを設計会社と協議するなどして面積を縮小し、条例に対応していく」と答えています。

亀岡市都市公園条例

(公園施設の設置基準)
第3条の3 一の公園に公園施設として設けられる建築物(建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第1号に規定する建築物をいう。以下同じ。)の建築面積の総計の当該公園の敷地面積に対する割合は、100分の2を超えてはならない。ただし、次条各号で定める特別の場合においては、当該各号で定める範囲内でこれを超えることができる。
(平25条例10・追加)
(公園施設の設置基準の特別の場合)
第3条の4 前条ただし書の特別の場合は、次に掲げる場合とする。
(1) 令第5条第2項に規定する休養施設、同条第4項に規定する運動施設、同条第5項に規定する教養施設又は同条第8項に規定する備蓄倉庫その他同項の国土交通省令で定める災害応急対策に必要な施設を設ける場合、当該建築物に限り、当該公園の敷地面積の100分の10を限度として前条の規定により認められる建築面積を超えることができることとする。

京都府の基本設計ではスタジアムの建築面積は23,100m2となっており、公園の面積13.9haで割ると建ぺい率は、16.6%になります。

条例の範囲内に収めるためには、スタジアムだけを考えても建物の面積を現在の2万3100平方メートルから1万6680平方メートルへと3割近く小さくする必要があります。更に、公園内には他にも建物を設ける内容で公園の補助金が申請されていました。

以前、プロジェクトはマネジメントされていないのではないか、と書きました。

計画に変更はつきものです。やってみて新たな課題が出てくることもあります。

しかし、建ぺい率が法令に適合しているかどうかも確認しないまま、基本設計までしてしまったというのでは、プロジェクトの体を為していないことは明確です。

更に残念なのは、議会の本会議で議員に問われたあとで、市は京都府と相談した内容をすぐに議会に報告しなかったということです。報道でそれを知ることになったということは、推進に尽力している多数の議員の信頼を損なったのではないでしょうか。

大枠を認めて、あとは行政に任せておけば、きちんとやってくれるというのは大間違いだということが明らかになったと思います。

執行部の答弁は、

○京都府と協議調整を行いながら、関係法令を遵守し、府民、市民から賞賛をいただける施設になるよう努めてまいりたい。
○なお都市公園法第5条に、公園管理者以外の者の公園施設の設置について規定されており、これに則して、亀岡市都市公園条例第8条に設置又は管理の許可申請方法を定めている。
○京都府から設置申請をいただき亀岡市が法令条例に照らして審査することになるが、審査する際には、この時点の条例に適合する必要があるということである。

スタジアムをつくるために、緑の基本計画も改定をした亀岡市です。

歩いていける身近な公園が足りない一方で、既に十分な面積がある都市公園を更に増やすという改定でした。亀岡市が将来も維持していけるだけの公共施設等を見極めていこうというときになぜ他との兼ね合いも見ないまま広大な公園を新設できるのかということを以前、質疑しました。これはスタジアム関連だから例外だというのでしょうか。

そのときの答弁は、人口10万人を目指す上でぜひとも必要な公園だから、とのことでした。

正気の沙汰とは思えません。10万人を目指す上で必要だ、と主張すれば、何でも建設できるようになってしまいます。もうすこし緻密に理屈を組み立てておかなければ、財政状況厳しい折り様々な改革が必要となる場面で、スタジアムに関心のなかった市民からも追及の声があがることでしょう。

9月決算審査に向けて

9月の決算審査の準備に取り組んでいますと、web上で公開されている情報の他にも多くの資料が必要です。(お忙しい中、ご協力くださいました皆様、ありがとうございました)

目が離せない亀岡市の財政状況。

お財布事情を市民と共有することで、民主主義が成熟していくのではないかと思っています。

しかし、広報誌の予算・決算特集をどれほどの市民が読んでいるか・・・見ても、その数字やグラフが何を意味しているのかを読み解くのは容易ではありません。知識がないとわからないということもありますが、紙幅の制限もあって、情報が足りていないのです。

全国各地では、市民による財政白書づくりが進んでいます。行政がまとめたもの、議員有志がまとめたもの、議会としてまとめたものなども発行されています。豊富な情報を紙媒体で・・・関心を持って見れば、興味深いものではありますが、関心を持っていただくまでが難しくて、それをどうするかということを、今、悩んでいるところです。

貯金を取り崩したり、借金を取り崩したりしてでも現金がまわっていれば黒字となるのが現金会計の収支・・・26年度の「実質収支」は3億8000万の黒字です。その黒字の中身としてどういうやりくりをしたのかに注目しないといけません。それを表しているのが「実質単年度収支」です。

実質単年度収支は相変わらず赤字続き。例えば、26年度は8億円も貯金を取り崩しています。
26年度決算では、6億4618万8000円の赤字です。
その前は4億5000万、更にその前は2億6千万の赤字でした。

亀岡市実質単年度収支

財政に関心のある方がこのグラフを見ると、とても驚かれます。
上下逆さまではないのか、と・・・

(H22,23の黒字になっているところは土地を売り払ったという臨時収入のおかげですが、これから先は、もう売れるものもほとんど残っていません)

わかりやすく伝えるには深い理解が必要です。

関心を持っていただける情報発信をするためには私もまだまだ勉強が必要ですが、学ぶにつれて、更に勉強しなければわからないことが出てきます。奥が深い・・・

プロジェクトはマネジメントされていないのではないか

6月定例会の一般質問では、スタジアム関連プロジェクトについて聞きました。

もしかして、プロジェクトはマネジメントされていないのかもしれない、という危惧をしていましたが、それが確信に変わりました。

黒塗02

プロジェクトチーム会議の会議録

情報を出せないのは、悪気があって隠しているからではなくて、マネジメントされていないからだったのですね。

(過去記事:市は一体、何をやっているのか?

(過去記事:市民に説明できない事業続きを読む

5年間で35億円の収支不足!?

行財政改革大綱2015-2019が公開されています。
https://www.city.kameoka.kyoto.jp/kaikaku/gyokakutaiko2015-2019.html

財政状況についての説明が充実してきました。
P15〜最終P31まで、現状に加えて、中期財政見通しも掲載されています。
5年間で35億円の収支不足、とあるのを見ると不安になると思いますが、これは、貯金を取り崩さずに、かつ、事業を取捨選択せずにやった場合の数字です。
実際には、行財政改革の取組を行い、事業も取捨選択して、収支不足にならないように経営努力を行います。

この経営努力を後押しするのが、市民の理解です。
特に、事業の取捨選択には、市民の意向が考慮されるところも大きいので、多くの市民が財政状況を知った上で、このまちを健全な状態で未来に引き継ぐためにはどうしたらいいのかを、自分に直接関係のある範囲から少し広げて考えることが必要です。

ある時期は、このような収支不足の見通し金額を公表すると、市民の不安をあおることになるのではないかという配慮もあって、あまり積極的に伝えられていなかったのですが、正しく知って、市政運営に更なる関心を寄せていただきたいと思います。

追記:

亀岡市ホームページ「行財政改革プラン2010-2014(H23~H25)取組結果」が更新されました。

 

 

行財政改革のメインページも見やすく整理されています。

議員だより5月号

特に知っていただきたいことがあるときは、街頭での演説やチラシでお伝えするようにしています。

最近のテーマは財政についてです。
特に、仕事や子育てに忙しくて市政のことまでなかなか見られない年代の市民に向けて。 続きを読む

知らなかったでは済まされない

スクリーンショット 2015-05-01 17.29.45近年は、返すよりも多く借りている亀岡市の借金。

将来負担比率146.5%(25年度)です。財政の勉強会で、他の自治体関係者に、3桁!?と驚かれました。
京都府下では3桁のところは珍しくありませんが、だから別に構わない、ということではありません。 続きを読む

亀岡市のお財布が心配

亀岡市の貯金・・・

亀岡市の財政調整基金

財調は、いざという時のための貯金です

もう、底をつきます。 続きを読む

ツケの先送りではなく・・・

27年度予算審査の際、このままでは本当に将来が心配だと思いました。
私がどのような考え方で27年度予算に反対したのかを掲載しておきます。

こじつけ緑の基本計画

改訂された緑の基本計画

まずは、京都亀岡・保津川公園の考え方についてです。
都市公園法でも、亀岡市都市公園条例でも、一人当たりの面積は10平米以上とするとしていながら、緑の基本計画ではその2倍もの面積を、平成7年の都市計画中央審議会の答申として示し、さらに人口を10万人として計算する積極的な姿勢になっています。 続きを読む

ダメなのは反省しないその態度

本日、京都地裁に、スタジアム用地測量の費用全額の返還を求める住民訴訟を提起しました。

事業費全額の返還を求めて監査請求したうちの一部、47万円については返還が勧告されましたが、それから約1ヶ月が経っても市の対応が見えてきません。監査結果もまだ公開すらされていません。

(追記)トップページのお知らせリンクや監査ページには上がっていませんが、
ホーム > 市政 > 議案・条例等・公報 > 亀岡市公報インターネット版 > 平成27年1月5日発行号外 で見られます。*公開はされている、という指摘をいただきました。

訴訟が提起できるのは、住民監査の結果が出てから30日以内です。残念ながら監査結果を「真摯に受け止め」て対応している様子は見られませんので、訴訟に踏み切ることとしました。

続きを読む

市民に説明できない事業

市民の税金を注ぎ込む大きな事業・・・スタジアム関連については、庁内でプロジェクトチームを作って、議論しているとのことです。

昨年7月の全員協議会の中で、質疑を受けて初めて、亀岡市の公園整備に15億円がかかるという説明がありました。推進派はこの場では、15億円もかかるということについて一言も口を挟まず。

公園整備に15億などということを、26年度当初予算でスタジアム関連事業について審査しているときには一切触れませんでしたが、金額はある程度わかっていたことではないかと思います。当時、賛成した方々は、スタジアム関連事業でさらに後からそんな大きな費用が出てくるとは思っていなかったはず。 続きを読む