Archive for 文書管理

経過は文書で

京都府から、スタジアムの建ぺい率について市とどのような協議をしていたのかがわかる公文書が開示されました。
これは、11/5に請求したもので、都市公園条例改正案の審査に間に合うよう12月定例会までには開示されることを期待していたのですが、文書の特定が困難という理由から開示期間が1/4まで延長されたのでした。(条例改正は既に可決されました

きっと、詳細なやりとりがわかるメモ等も探してくれているのだと期待していましたが・・・亀岡市が開示した内容を超えるものはありませんでした。

つまり、府議会でこれまで答弁されてきたことの根拠となるような公文書は市にも府にも残っていないことがわかりました。

20160106_115857_8456月府議会で基本設計を前提とした予算を提案しながら、建ぺい率の課題を説明しなかったことを9月府議会で追及されると、府は
「建ぺい率については事例も踏まえ亀岡市サイドで適切に対応するという合意を得て、作業を進めてきた」
条例改正も含め適切に対応することを市と合意している」
市議会の対応もあると思うが、それも含めて対応されることを合意している」と答弁していました。

が、府市事務打合せの記録はH27年10月8日以降からしか存在しません。答弁よりも後の協議です。

12月府議会でその食い違いについて指摘された時には
市の部長にもたびたびその事は言ってきている。」という答弁でした。

部長には口頭でたびたび伝えていたけれど、市ではプロジェクトチームまで設置している割に共有ができていなかったということでしょうか。全員協議会の資料として提供されたプロジェクトチーム会議の開催概要の中には建ぺい率の課題についてはあがっていませんでした。

注目を集めている大事業の進め方として、これでいいのか心配です。

今回の亀岡市都市公園条例の改正は賛否が分かれましたが、いずれにしてもクリアすべき重要課題についての伝達や共有には特に、適切に公文書を作成し管理しておくことが必要だと思います。

後世への説明責任を果たすために。そして、真面目に仕事をしている人にとっては、文書で残しておくことがあとあとのトラブルから身を守ることにも繋がると思います。

建ぺい率について協議されていない・・・?

京都府のスタジアムの基本設計における面積が、亀岡市の都市公園条例の建ぺい率の基準を超えている。
ということが、9月にテレビ等で報道されました。

②まだ亀岡市では何も説明されていないことについて、既に決まっていたかのような府議会の答弁が不可解。もしかして、市議会に都市公園条例の建ぺい率を変更する議案が出てくるかもしれません。何を府と市の間で調整・協議していたのかを審査までに調べておかなければなりませんので開示請求しました

③しかし、11月18日に、「文書の特定に時間を要する」ということで開示期間を年明けまで伸ばす通知が届きました。

④その後、本当に、スタジアム公園 建ぺい率を17%にする議案が出てきました。

府が出してこない文書と同じものを亀岡市に開示請求したところ、本日、開示を受けることができました。←いまここ。

この文書によると、2月に業者から建ぺい率について聞かれていますが、府と市の協議文書はないまま、9月にテレビの報道があり、そして10月になって初めて、建ぺい率について府と市が協議したことになります。

10月になってからの協議内容

建ぺい率協議10月

 

20151211開示_スタジアム建ぺい率協議(PDF)(*墨消しは開示された後に加工したものです)

現在12月定例会に提案されている建ぺい率の特例についての改正議案は、こういった経緯だけではなく、第一には中身で判断するべきであるものの、開示された文書によると、亀岡市は議会を無視して勝手な協議をしていたという批判は免れますが、報道されるまで課題に気付かず放置していたのだろうか、という疑問や、このような呑気な構えで大丈夫だろうか、という疑問がわいてきます。

また、京都府は一体、何を根拠に議会で答弁していたのでしょう。府議会でされていた答弁には根拠がなかったのでしょうか。

もう一度、府議会・市議会での府・市の答弁内容とその時期を見比べてみたいと思います。

市にも開示請求:スタジアム公園の建ぺい率について

建ぺい率について、議会抜きで府市はどういう調整をしていたのか、ということを京都府に開示請求したら普通は14日で開示されるものが、「文書の特定が困難」などという理由で年明けまで開示期間が延長されたことを書きました。

本日、亀岡市に同じものを開示請求しました。

亀岡市まで「文書の特定が困難」と言うなら、非常に重要なスタジアムプロジェクトについて府と打合せしている内容を記録した文書がすぐに見つけられない状態だということになります。それはそれで大問題です。

そんなことはないはず・・・速やかに出てくることを期待しています。 続きを読む

市民に説明できない事業

市民の税金を注ぎ込む大きな事業・・・スタジアム関連については、庁内でプロジェクトチームを作って、議論しているとのことです。

昨年7月の全員協議会の中で、質疑を受けて初めて、亀岡市の公園整備に15億円がかかるという説明がありました。推進派はこの場では、15億円もかかるということについて一言も口を挟まず。

公園整備に15億などということを、26年度当初予算でスタジアム関連事業について審査しているときには一切触れませんでしたが、金額はある程度わかっていたことではないかと思います。当時、賛成した方々は、スタジアム関連事業でさらに後からそんな大きな費用が出てくるとは思っていなかったはず。 続きを読む

不起訴処分の通知

fukiso告発状受理までに散々振り回された虚偽公文書事件ですが、10月8日付けで写真のとおり、通知が送られてきました。 続きを読む

議員だより作成中

10432437_638005392950033_1986275975_nこれまで積極的にwebでは情報を発信してきましたが、この数ヶ月の活動で確信したことは、

どうしても伝えたいことは、webだけではなく、お金がかかっても手間がかかっても紙媒体でお届けしなければならない、ということです。そして、読んでいただくためには街宣も必要。 続きを読む

スタジアム関連文書一部不開示への異議申立て

庁内会議の内容まで知らんでよろし!いま、行政が気張ってやってはんのや!
異議申立てまでして、あんたは何がしたいんや!!

と思いますか?これには、経緯がございまして。

1年前に、スタジアム建設にどんな課題があると認識されているのか聞きましたら、「いろんな課題が出てくる」「隠すようなものは何もない」とか「プロジェクトチームで連携して課題の解決に向けて協議を行っている」「関係機関と進めていきたい」と言ったというやりとり。 続きを読む

市は一体、何をやっているのか?

1年前に、スタジアム建設にどんな課題があると認識されているのか聞きましたが、「いろんな課題が出てくる」「隠すようなものは何もない」とか「プロジェクトチームで連携して課題の解決に向けて協議を行っている」と言うので、その協議を隠さず開示していただくように求めました。

市は一体、何をやっているのか?

様々な課題を指摘しても、「いまやってる」「ちゃんとやる」「職員一丸となって一生懸命やる」ばかりで、具体的にどうするのかよくわからない。そんな説明で納得してお任せするような態度では仕事をしているとは言えません。 続きを読む

弁護士と相談して虚偽公文書作成?

虚偽公文書作成について告発した件が今朝の京都新聞に掲載されていました。

その市長コメントを見て驚愕しました。

「理事による行為が発覚した後、正常な状態に速やかに戻すことが最優先と考えた。顧問弁護士と相談の上で行ったこと」

顧問弁護士と相談の上で虚偽公文書を作成したんですか。

真実であれば、大問題です。犯罪行為を勧めるような顧問弁護士は辞めていただかなくてはいけません。 続きを読む

亀岡市の公文書に対する公共的信用の回復のために

市民の皆様、大変お待たせしました。弁護士、検察、のちに警察署と度重なる調整を経て、5月13日(火)、栗山正隆市長ら3人に対する有印虚偽公文書作成・同行使容疑についての告発状が受理されました。

彼らは平成20年3月に亀岡市土地開発公社と住宅公社との間で土地所有権の不正な抹消登記を行いました。

前提として、平成18年に土地開発公社が住宅公社から土地を購入したように見せかけ、土地開発公社名義で住宅公社の債務返済のための融資を引き出していた事件がありました。土地公の債務は亀岡市が保証することになっていますので、住公に貸せないお金でも土地公には貸せるというわけです。知らない間に市が故なき債務の保証をさせられていたということになりますね。市民への重大な裏切り行為です。 続きを読む