Archive for 一般質問

今日から一般質問

今日から一般質問です。
どのような質問がされるのか、質問開始時刻の目安についても、通告書が公開されていますのでそちらをごらんください。
http://www.city.kameoka.kyoto.jp/gijichousa/shise/gikai/shitsumon/shitsumon.html

今回は、8月の高校生議会を控え、高校生の皆さんが1日目、2日目の午後に授業の一環として傍聴に来られます。
もちろんどなたでも傍聴できますので、興味のある項目がありましたら市役所8Fまでお気軽にいらしてください。
途中入退出自由です。

いまスタジアムは大きな困難に直面していますが、こういうときこそ推進を支持してきた方々が一般質問でそれを取り上げていただきたいものです。通告書を見る限りでは推進してきた2つの会派が全くスタジアムに触れていません。しかし、彼らだけで議決権の過半数を占めているという状況ですから、執行部に対して質問しながら自らの考え方をしっかりと表明しておくことが、市民にとってわかりやすい政治のためには必要だと思います。

保育所に入れない!!

亀岡市は、待機児童ゼロです。

それに期待して、亀岡を選んだという方もいらっしゃいますが、実は、年度当初であっても、保育所に入れない、という状況があります。 続きを読む

後期基本計画パブコメ募集中

「第4次亀岡市総合計画~夢ビジョン~後期基本計画(案)」に関するパブリックコメント募集中です。
平成27年12月12日(土曜日)から平成28年1月11(月曜日)まで。
リンク先のフォームからも意見を提出できます。
28年度〜32年度の5年間のまちづくりの基本となる大切な計画ですので、多くの方に関心を持っていただけたらと思います。

「総合計画・後期基本計画の策定に当たり、市民アンケート等を実施し、市民意見の反映を図りました。」と書かれています。
そのアンケートの結果はどうだったのか、審議会の資料でご覧頂けます。

また、亀岡市人口ビジョン・総合戦略に係るパブリックコメントも、後期基本計画と同時期に募集されています。

後期基本計画・人口ビジョン・総合戦略については、12月16日(木曜日)に全員協議会で議会にも説明されます。10時〜。どなたでも傍聴できます。傍聴受付は市役所7F議会事務局。 続きを読む

夢幻を突き進む・・・

亀岡市の総合計画は「夢ビジョン」と名付けられていますが、ビジョンとはどうやら展望という意味ではなく、幻を意味しているようです。現実から目を背け突き進む、ゆめまぼろし計画。もちろん市民にも現実を見せません。

ひとつ前の投稿で、6月定例会での私の一般質問の内容をご紹介しました。 続きを読む

6月の一般質問

正式版はそのうち公開されるでしょうが6月の一般質問(市長とのやりとり)がおもしろかったので・・・と、どなたかが議事録をテープおこししてメールで送ってくださいました。

ありがたいです。本当は自分でまとめて報告したかったのですが、あまりにもあんまりな内容だったので気力がわいてこず、時間が経ってしまったのでした。 続きを読む

根拠はないけど任せとけ!

3月定例会のすべての一般質問が終わりました。

それで明らかになったことは、スタジアム建設によるあらゆる課題を解決できるような対応策・・・ではなくて、根拠はないけど任せとけ!という市の考え方でした。 続きを読む

亀岡市立病院の組織

医療法には、

第十条  病院又は診療所の開設者は、その病院又は診療所が医業をなすものである場合は臨床研修等修了医師に、歯科医業をなすものである場合は臨床研修等修了歯科医師に、これを管理させなければならない。

ここでいう管理者として届け出されているのは、亀岡市立病院においては病院長です。

第十五条  病院又は診療所の管理者は、その病院又は診療所に勤務する医師、歯科医師、薬剤師その他の従業者を監督し、その業務遂行に欠けるところのないよう必要な注意をしなければならない。

と定められています。

なので、医療法上の管理者である院長が、医師、従業者を管理監督しなければなりません。

が、平成25年7月の病院規程の改正によりそのような体制ではなくなっているようです。

(条例ではありませんので、この改正について議会は関与していません)

表面だけを見ると細かいことのように思われるかもしれませんが、この問題は様々な事情が反映されているものであり、組織がうまくいっていないと市民に提供するサービスの質が落ちますので、それについても非常に心配です。
続きを読む

スタジアムについての市民との合意形成

スタジアムのための公園について、2月7日に公聴会が開かれました。

28名の公述申し出があり、当日は12名が意見を口述。87名の市民が傍聴しました。

その場では口述人から意見を聞くだけでしたが、ホームページに市の見解も併せて公表されました。

公述意見の要旨と市の見解 続きを読む

亀岡市教育委員会って必要?

学校での集団検診・・・年頃になると服を脱いで診察を受けることに抵抗が出てくるものです。亀岡市内の学校でも服を着たまま検診をしている場合がありますが、着衣での受診では発見できない疾患があることをご存知ですか。 続きを読む

協働によるまちづくり

9月定例会では、協働によるまちづくりの推進について質問しました。

協働によるまちづくりの推進のため、横断的に補助金を評価し、適切な資源配分を

酒井 行政内に市民団体の事務局を置く根拠は。

総務部長 公益的観点から必要と認めた場合に行う。

酒井 基準が不明。策定・公表を。年限を定め、自立を促すべき。 また、補助金の支出基準も不明なものがある。他の団体の理解が得られない。

総務部長 調査・対応する。

酒井 現在のニーズに適切に対応するため、補助金の横断的な評価・整理を。

総務部長 現在は行財政改革プランの中で実施してきている。

酒井 市民活動を推進する視点での整理が必要。まちづくり協働推進指針の考え方を全体に浸透されたい。

質問が終わると、閉会日までに上記のように議会だより原稿を作ります。NPO活動している市民には、あの話か、とわかっていただけたのですが、議会内部でも「意味がよくわからなかった」「どこの団体のこと?」という感想がありまして。。

特にどの団体、というわけではなく、説明できるようにルールに則ってやるべきですね、ということです。

以下に詳しく記しておきますので、関心のある方は読んでいただければ、と思います。 続きを読む