Archive for オープンデータ

奇妙な計画改定プロセス

亀岡市は新たに都市基幹公園をつくろうという発想などありませんでしたが、用地の無償提供を条件とした京都府スタジアムの誘致が決まったので、公園という体裁にして有利な補助をうけることにしました。都市公園にすれば用地取得費の1/3の国費補助が受けられる(かもしれない)ので。

その時の都合で適当に公園を造ることにしていいのか?

違法ではありませんが、まちづくり的にはダメですね。

勝手気ままに公園をつくるのではなく、「緑の基本計画」で公園についての計画を定めて、それに沿ってやるのが普通です。

しかし、これまでの緑の基本計画には駅北にスタジアムのための公園をつくる、などということは書かれていません。当然です。スタジアム誘致についてさえ、府の方針が明らかになるまでは動かないつもりだった亀岡市ですから。

それがスタジアム誘致が決まってから、そのための公園をつくるためにおもむろに動き始めることになりました。

京都・亀岡保津川公園の素案、パブコメ、原案作成、公聴会、などを進めながら、このスタジアム公園を緑の基本計画に書き込むための手続きも後追いさせていたのです。

そして、パブコメではスタジアムありきの公園への疑問や批判が寄せられていたにも関わらず、それは無視して、市の都合に合わせた原案どおりに緑の基本計画は改定されました

すると、

「資料が印刷できなくて困りました」、というコメントをいただきました。

市のホームページには次のように書かれています。
資料はあくまでも参考としてご覧いただくものであり、計画として決定したものではありません。
印刷や内容のコピーはできないようになっていますので、ご了承ください。

なので、改定までのプロセスは「見るだけ」
印刷や内容をコピーすることを許せば、何かに「悪用」されると思ったのでしょうかね。
パソコンの画面で「見る」以外のことをされるとしたら何でしょう。で、それが市にとってどんな不都合があると?
オープンデータをこれから検討していくといいつつ、すごいことやってますね。

まだ決定したものではないので、印刷させませんという取り扱いは、他の計画では見かけたことがありません。
この点からみても、この緑の基本計画はちょっと異常なんじゃないでしょうか。

https://www.city.kameoka.kyoto.jp/toshikeikaku/sangyo/toshi/kekaku/midorinokihonkeikaku.html

スタジアムに関する資料集 公開

亀岡駅北に建設される計画の京都府のスタジアムに関する資料集を公開しました。

スタジアムに関する議論の活性化のため、転載等、ご自由に活用して下さい。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
亀岡駅北スタジアムに関する資料集 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下で提供されています。.

スタジアム誘致の経緯(おさらい)

keii201303

亀岡駅北にスタジアム誘致が決定されてから約1年が経ちました。

スタジアム建設・運営は府がやってくれるので、亀岡市民の負担はない、と誤解している方も多くいるようですが・・・

用地取得(民地を買収します)とインフラ整備等に巨額の費用がかかります。借金もします。

将来にわたって市民の税金を使うことですし、亀岡のまちの姿も大きく変わり、市民の生活環境にも当然影響があります。交通渋滞、治水(スタジアム建設予定地一帯は2013年9月の18号台風の際には水害による大きな被害が出ました)、騒音、環境問題など、気になることがたくさんあります。

誘致してどうなるのか、しっかりしたビジョンを示し、メリット・デメリットを公開していただかないと。当然、メリット>デメリットだからこそ誘致するのでしょうけれど、その中身が市民にはさっぱりわかりません。

画像は、スタジアム誘致の経緯を一枚にまとめて、2013年6月一般質問の資料としたときのものです。そういえば、これ、ブログに載せていなかったような・・・と思い出し、引っ張りだしてきました。

ついでに、クリエイティブ・コモンズのCC-BYライセンスをペタリ。

再配布等できますのでライセンスに従って使って下さい。

利用しやすいよう、wordデータもつけておきます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
酒井あきこ 作『スタジアム誘致の経緯』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
http://sakai-akiko.kameoka.org/archives/5465 にある作品に基づいている。

オープンデータ関連報道

国のオープンデータカタログサイトが開設され、いよいよ本格始動・・・!

ということもあって、オープンデータ関連の報道も活発になってきています。 続きを読む

オープンデータの活用

白松 俊さんの記事。

「社会課題とその解決目標,さらにその部分目標をオープンデータ化する試み」
http://qiita.com/siramatu/items/08fd2f290006ace3d774 続きを読む

Spending data party 2013 Winter in 東海

Spending data party 2013 Winter in 東海に参加しました。

Spending.jpは税金の使い道を可視化していこうというWebサービス
http://spending.jp/

オープンデータの必要性を訴えても、あまり伝わらないようでしたので、それをやって、何がどうなるの?ということがイメージできるようになればいいな、と思っての参加です。 続きを読む

情報政策>情報化政策

昨日は情報政策の確立について質問しました。
行政学者の西尾勝氏の定義によると、「情報政策とは情報の生産、流通、消費の仕組みに関する政策群の総称」です。 続きを読む

情報政策とCIO

自治体学会誌自治体学会誌の最新号の特集は、ビッグデータ・オープンデータ。

私の目下の関心事である公文書管理と絡めて、こちらも勉強していかなくてはなりません。

オープンデータとは、誰もが無料で利用できる機械判読可能な公開のデータのことで、自治体でこれを進める目的は、透明性の確保、市民参画の促進、ビジネスの創出などが考えられます。

昨年7月に政府が電子行政オープンデータ戦略を打ち出し、地方自治体でもオープンデータの取組が始まっています。例えば、佐賀県武雄市、千葉市、奈良市、福岡市の4市でビッグデータ・オープンデータ活用推進協議会を設置しています。
亀岡市は紙ベースでしか残していないものをデジタルデータ化することについては2年前から必要性を認識していただき取組が進みました(議案もwebに掲載されるようになり、本当に助かっています)が、とりあえずPDF化という段階からどう発展させていくのか・・・

期限切れのかめおかeプラン21のその後は・・・

一応CIO(情報統括責任者)も置かれている亀岡市ですが、昔つくったセキュリティポリシーの中に位置づけられているという以外に動きが見えません。(他の自治体のCIOはどのような仕事をしているのか→ビジネス+ITの記事

亀岡市では副市長がCIOの任にあたっています。専門的知見を有する補佐官を任用すべきですが、その必要性を否定したのは現体制で情報政策を推進できると判断したからではなかったのか・・・。

自治体CIO向けの研修は各地で開催されています(その中で当然オープンデータについても取り上げられています)。しかし、このような研修にCIO自身が参加することも職員を派遣することもないようです。

CIOはその気になれば組織を動かして情報を集め研究を進めることができるのですから、ぜひ本気を出していただきたいと思います。

9月定例会

9月定例会の一般質問通告書が公開されています。
http://www.city.kameoka.kyoto.jp/gijichousa/shise/gikai/shitsumon/documents/2509situmon.pdf

予定されている内容がご覧になった方によく伝わるように、質問の要旨を詳細に記述しています。
以前は、○○について。などの言葉だけで中身がわからないことが多く、通告書を提出すると一体何を聞きたいのかと担当部署からの問い合わせが相次ぐ状況でしたが、それも随分改善されました。
関心のある内容につきましては傍聴あるいはネット中継の視聴をしていただければと思います。

また、9月定例会に提出の議案も公開されています。

9月定例会に提出された議案が公開されています。
http://www.city.kameoka.kyoto.jp/gyousei/gian/259gian.html

このようにWebで会議の情報や資料、結果の公開について充実してきています。

次は、オープンデータ化が課題かと考えていますが、まずは議会情報の部分から取り組み始めるのが近道かもしれません。