Archive for 病院

亀岡市立病院運営委員会では何が話し合われているのか

9月定例会では、市立病院の資本金の額の減少について議案が提案されました。

決算認定と減資とを一本化して提案するという変わった方法での提案でしたが、その提案の仕方の是非について以前に、これからの病院経営をどうしていくのかという問題があります。

亀岡市立病院には病院運営委員会が設置され、平成21〜23年度の病院改革プランについての諮問を受けてこの委員会が答申を出しました。

そしてプラン実施の間、委員会は実施状況を点検・評価するはずでした。経営状況について、市民にわかりやすくホームページ等で広く公開することも答申で求められていました。

しかし、この委員会の会議録は公開されておらず、一体何を議論しているのかが見えてこない。そこで、実施期間が終わってからの総括や、今後の経営についてもそこで話し合われているはずだと思い、所管の環境厚生常任委員会でその総括の内容や委員会の会議録を示すように求めましたが、とうとう9月定例会の審査中には明らかにされずじまい。

なぜ、もともと公開しておくべき情報をすぐに出してこないのか。

仕方がないので、10月に入ってから開示請求をしました。

開示請求をすれば見られるのだから、委員会に出してもらわなくてもいいのかというと、そうではありません。私が個人的に、一市民として開示請求して手数料を納め、それを全委員に資料として配らなければ情報共有ができない状況というのは、異常です。議案審査の際に、充実した議論をするために必要な資料のはずでしたが、審査には間に合いませんでした。

開示請求によって出てきた会議録の中身を見れば、出し渋るほどの情報ではありませんでした。

ただ、改革プランの点検・評価や総括はまとめられていないことがわかった、ということです。

費用をかけて改革プランを作ったはいいが、そこに数字を当てはめて達成できたかどうかを表にまとめるだけでは意味がありません。それなのに、また総務省から新改革プランを作れと言われたから今年度も同じようにするのでしょうか。

減資をすれば、職員の意識が変わり、経営が改善するかのような説明がありましたが、到底そのようなことを真に受けて、経営改善の方向性を確認しないままに認めるわけにはいきません。

以下、開示請求によって出てきた亀岡市立病院運営委員会の会議録を示します。

本来は、市立病院ホームページで早く公開すべきものだと思います。

なお、21年度は開催されていないそうです。

26年度の会議録を見ると、27年度はプラン策定のために複数回開催されるように読めましたので、既に何度か開催されているはずと思いましたが、現時点ではまだ1回も開催されていないとのことでした。

 

 

南丹病院の初診料が2倍に

南丹病院では7月1日から選定療養費(200床以上の病院では紹介状なしの場合初診料を徴収することができます)が2倍になります。
1000円→2000円へ続きを読む

亀岡市立病院の組織

医療法には、

第十条  病院又は診療所の開設者は、その病院又は診療所が医業をなすものである場合は臨床研修等修了医師に、歯科医業をなすものである場合は臨床研修等修了歯科医師に、これを管理させなければならない。

ここでいう管理者として届け出されているのは、亀岡市立病院においては病院長です。

第十五条  病院又は診療所の管理者は、その病院又は診療所に勤務する医師、歯科医師、薬剤師その他の従業者を監督し、その業務遂行に欠けるところのないよう必要な注意をしなければならない。

と定められています。

なので、医療法上の管理者である院長が、医師、従業者を管理監督しなければなりません。

が、平成25年7月の病院規程の改正によりそのような体制ではなくなっているようです。

(条例ではありませんので、この改正について議会は関与していません)

表面だけを見ると細かいことのように思われるかもしれませんが、この問題は様々な事情が反映されているものであり、組織がうまくいっていないと市民に提供するサービスの質が落ちますので、それについても非常に心配です。
続きを読む

財務諸表は読めなくてもいい

本日は環境厚生常任委員会で病院事業について勉強会でした。 続きを読む

市立病院について

亀岡市立病院は、市民のいのちと健康を守る、安全・安心なまちづくりの拠点施設として位置づけられており、高度で良質な医療の提供と、地域医療機関との連携より地域医療の向上に貢献しようとするものであると理解しています。市民に必要とされる病院であり続けるためには効率的な病院経営を行いながら市立病院ならではの存在意義を確保していかなければなりません。

現状の市立病院は3〜5億の公金を投入する価値があると市民に思われているのかどうか、私は少々疑問に感じております。
市民が必要なときに必要な医療を受けられるように地域医療環境を守っていかなくてはならないとは思いますが、そのことと市立病院が自治体病院としての存在意義を発揮できているかとは別問題で。
続けるのであれば、市民満足度を高めていく必要があると思います。
市立病院が果たそうとしている役割が理解されていないせいかもしれないし、そもそも掲げている理念が市民が期待しているものと違っているのかもしれません。

というわけで、市立病院についても質問しました。 続きを読む

3月議会 一般質問通告書

今回は緑風会を代表して質問します。次の内容で予定しています。 続きを読む

三浦市立病院 視察①

環境厚生常任委員会視察の第1日目は三浦市(神奈川県)の三浦市立病院でした。

テーマは

  1. 地域医療科の取組みについて
  2. 経営健全化の取組みについて

→予習した内容はこちら 続きを読む

市立病院について – 視察の前に 三浦市(神奈川県)

明日からの視察、初日は三浦市(神奈川県) です。

テーマは、2つ。

地域医療科の取組みについて・経営健全化の取組みについて

<視察項目の概要>

三浦市立病院について調べてみました。

三浦市立病院は、

「三浦ならでは」の地域医療の確立

目指すありかた・・・断らない救急、地元で最後をむかえることのできる病院、という方針を掲げています。 続きを読む

地方公営企業会計制度についての勉強会

4月19日(木)の環境厚生常任委員会は、地方公営企業会計制度についての勉強会でした。亀岡市立病院から理事者に来ていただきレクチャーを受けました。 続きを読む