Archive for 市民の活動

放課後児童会の環境改善についての請願

放課後児童会の環境改善についての請願は継続審査となりました。

亀岡市の放課後児童会(なかよし学級)には以前も書いたとおり様々な課題があります。

私が一般質問している以外に保護者の声はあるのか?と聞かれることがあります。保護者の声はあります。団体を通じて上がってこない声はないものとして取り扱うような風潮は残念です。社会教育課でもどんなことに子ども達が困っているのかは把握していただいていますが、正式に保護者の意見を受け止めて、記録を取るということまではしていないそうです。学校によっては放課後児童会の保護者会があるところもありますが、そこでの会議は保護者会の会計、行事などについてが中心です。

放課後児童会の実態については保護者会役員になってみて始めて分かるということもあり、日々の仕事が終わってから迎えに来る保護者は運営上の課題について全てを把握するのは困難ですし、保護者同士の連携もとりにくい状況にあります。

それでも就労や病気の保護者は保育に欠ける児童を預かっていただけるところがあるだけでもありがたく、時間に余裕がない中で自ら改善のためにアクションを起こそうとするには大きな困難があります。基本的に平日の昼間に社会教育課に出向くことは就労している保護者には不可能です。他校の放課後児童会にも多様な課題があることは聞いていても、組織だって連携をすることもできません。どこへ声を持っていけばいいのかわからないまま困ったことがあっても3年間を何とかやり過ごす、というのが実情でした。

しかし、特定の学校の放課後児童会の問題としてでなく、全市的に課題を把握して取り組んでほしいという思いで、現状を変えるためにできることをやってみようと動き出した保護者たちがいます。一保護者としての立場だけでなく、役員として運営状況を目の当たりにし、子ども達の立場でも全体を捉え直してみる必要があるとわかったからです。

署名を集め他校の保護者と個人的に連絡を取り社会教育課に要望を提出したり、保護者と児童にアンケートを取ったり、自校の校長と面談をしたりして日々の仕事の合間にできることをやってきました。取組みを進めるうち、全市的な取組みを一市民の立場から複数の団体に働きかけ連携を取って形にしていくのは膨大な時間と労力が必要だということがわかりました。

そこで 様々あるルートの一つに議会への請願という選択をされました。

亀岡市議会基本条例には市民参加及び市民との連携について次のように定められています。

第6条 議会は、会議を原則公開とする。
2 議会は、市民に対し積極的に議会審議等に係る情報を公開及び提供し、説明責任を果たさなければならない。
3 議会は、参考人制度及び公聴会制度を活用し、専門的知見又は政策的意見を討議に反映させるよう努めるものとする。
4 議会は、請願及び陳情を政策提言と位置付け、その審議等において、これら提言者の意見を聴く機会を設けるよう努めるものとする。

この6条4項に期待して市民は請願しました。

昔はどこの団体がどういう背景で出してきたのか、ということが重要視されたようですが、どこの団体の役職でもない一市民の請願が政策提言として内容で判断されるのならば、市民にとって議会は頼るべき存在になったと言えるでしょう。

この請願は12月17日の総務文教常任委員会で審査されました。紹介議員は私と吉田千尋議員と馬場隆議員でした。就労している保護者のグループにとって月曜日の午前中は参加しにくいということもあり多数の傍聴者・・というわけにはいきませんでしたが、一足先に請願デビューした別の保護者グループが応援に来てくれました。私は残念ながら今回も所属の委員会ではないので傍聴席で心の中からエールを送っていました。

趣旨説明に対し、もっと地元やPTAと調整をして解決を図ってはどうか、という委員もいましたが議会を頼ってきた市民に対して請願を受け止めずに他所へ行けと投げ返すのもおかしな話です。大きな負担の中で活動してきた保護者が声を詰まらせながら訴える内容に対して委員はおおむね好意的で、この場で可決することはできないが継続審査にして現場を見に行った上で判断を示す、ということになりました。とにかく見に行ってほしい、そして対策を考えてほしい、という最優先で取りたかった結果までこぎ着けました。

委員会では、共産党議員団は数年前に現場を見に行った、公明党議員団は代表質問でも取り上げた、○○委員は地元でも問題になっていることは把握している、などの発言がありました。それぞれに問題意識は持っていただいていたようですが、これは同時にそのような個別の活動では議会全体での取り組みにつながりにくかったことを示しています。

市民の請願として出てきたからこそ、取り組むことができるようになったのだと思います。まだこれからですが、ここまでたどりついた保護者の皆さんにお疲れさまと言いたいです。

請願を受けて早速1月に総務文教常任委員会が現場へ視察に行くことが決定しました。放課後児童会の課題はスペース問題だけではありません。それぞれに異なる課題がありますので、指導員さん、保護者、児童にも意見を聞いて、子ども達の健全育成のための政策につなげられればと思います。

相手の言葉を聴くダイアローグ

9月4日19時〜 本間正人先生のプチ哲学セミナーを開催しました。

オスカー・ブルニフィエの哲学絵本を題材に、「ダイアローグ」を体験しました。

ダイアローグは自分のものの見方を広げてくれます。

Dia=交流する、
Logue=言葉・論理

だそうで、相手を言い負かすためのディベートと違うところは、相手の言葉に耳を傾けることに重点を置くという点です。

正解のない問題を、自分の頭で考え、自分の言葉で発信すること、他者の言葉に耳を傾け多様性を楽しむことの大切さを学びました。

ダイアローグ、正解のない問題を多様なメンバーで考えていかなければならない議会にこそ必要ですね。

本間先生も、

正解が見えない時代に、みんなが考えて、自分はこう思うという自分なりの答えを見いだしていく時代。

立場や意見の枠を超えて「お互いに聴き合う」関係性をつくることが地方議会でも大切だとおっしゃっていました。

 

亀岡には子どもの遊び場が少ない

亀岡市では、子どもの遊び場が不足しています。

夢ビジョンの策定時にも市民からの意見、中学生からの意見としてそのことが指摘されていましたが、現状の施策で充実が図られているものは子育て支援としての「親子の居場所」であり、学童期以降の子どもの居場所については対応が薄い。

しかし、こういったことを主張すると、自然豊かな亀岡の環境では、野山や川、田畑などいくらでも遊び場はあるという反論が出ます。子育てをしている者の実感としては、それはないだろ〜と思うのですが。

家の中で遊べばいい?そんなことでは間が持たないので習い事で予定を埋めるという子もあって(もちろん、目的を持って習い事をしている子もいますが)、○○ちゃんは、火曜日しかダメ、△△くんは木曜と土曜しか遊べない、というような状況であり、子どもたちはアポを取ってから遊びます。家の中でゲームばかり・・・になるのは、子どもたちがそれを好むからというより、魅力的な遊びが他にないからです。

中高生がファストフード店やコンビニしか行き場がなければそこにたまるのは必然です。

いずこも、行ってはいけない、入ってはいけない場所ばかり。昔は今のように道路をわがもの顔でスピードを出して走る車も少なかった。何もない場所を遊び場にできるのは、子どもが多かったからという事情もあってのことです。群れて遊べるほどに子どもがたくさんいるのであれば、待ち合わせもなく出かけていって学年を超えた遊びができますから。それとなく子どもたちを見守る地域の目もありましたし。

今や、ひと世代前とは社会情勢が変化し、地域の子育て力低下が顕著である中、子どもの遊び場は意識的に確保しなければならない状況です。ただし、物理的な場所の設定のみでは子どもの居場所として機能しませんので、程よく大人が手をかけて、子どもたちが集まれる場所にする必要があります。

野外、屋内、両方必要ですが、まず屋内の遊び場として思い浮かぶのが児童館の存在です。亀岡市児童館条例には設置の目的が次のように書かれています。

第1条 児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進し、情操をゆたかにして、もって心身ともに健やかな児童の育成を図るため、児童館を設置する。

しかし、その設置場所は曽我部町に1つ、西別院町に1つ、篠町に1つ、馬路町に1つ、なぜか保津町に2つ。児童館ごとに運営協議委員会があって各10名の委員がいます。

こちらの地図を見ると、その位置関係がわかります。

子どもの多い千代川、大井、亀岡地区にはゼロです。亀岡市の子どもたち全てが利用できるように校区に1つはあってほしい施設です。

児童館条例との整合性がどうなっているのか不明ですが、夢ビジョンではこれらの施設では、

市民の人権意識の高揚と人権を守り育むコミュニティ拠点施設としての活性化

を推進するのだそうです。それも結構ですが、子どもは?

 

屋外では篠町に市民が運営する冒険遊び場がありましたが無償ボランティアでは活動が限られてしまい、惜しまれながらも事業を縮小しました。3年ほどは府からの事業委託を受けて活発に活動していたこの遊び場は、亀岡市にも活動報告をこまめに出していましたが実際に現場に見に来てくれたことはなかったのだとか。残念なことです。

子どもが様々な体験をすることができる遊び場が市民との連携によって各地に開設されることを願っています。

中高生になると、またニーズも変わってきますがこちらについても十分に把握して、文化的・社会的な活動を通して交流できるように整えていかなくてはなりません。

まずは、学童期以上の子どもたちの居場所が不足している、という認識を持つことからスタートかな。

児童の権利に関する条約

第31条

1 締約国は、休息及び余暇についての児童の権利並びに児童がその年齢に適した遊び及びレクリエーションの活動を行い並びに文化的な生活及び芸術に自由に参加する権利を認める。

2 締約国は、児童が文化的及び芸術的な生活に十分に参加する権利を尊重しかつ促進するものとし、文化的及び芸術的な活動並びにレクリエーション及び余暇の活動のための適当かつ平等な機会の提供を奨励する。

NPO活動の間接経費

亀岡市が、市民活動パワーアップ支援 企画提案型協働事業を募集中です。

http://www.city.kameoka.kyoto.jp/shiminkatsudou/kyoudou/h24kikakuteianbosyu.html

9月18日締切。

1事業上限100万円の支援金です。
特徴は交付対象が10/10であること。
それから半額前払い可能で、スタッフ人件費も含まれること。
間接経費10%が認められることなどです。

2団体以上のコラボであることが必要でその他にも申請資格に条件がありますが、従来のものと比べるとかなり使いやすい制度だと思います。

おおざっぱに書きましたが、詳細は募集要項で確認してください

昨年、団体所属のスタッフ賃金や交通費、一般管理費(間接経費)が使えないのでは使い勝手が悪いので改良が必要であるということを一般質問で述べたときには、そういったものの支給が「個人への利益の配分ということにもつながるおそれがある」との答弁でした。理解を得るにはまだまだ時間がかかりそうだという感触でしたが、今回、それらがカバーされることとなりました。特に間接経費が認められたことは大きいです。

NPO団体は次のような間接経費の捻出に苦心しており、特に事務所もないような弱小団体はスタッフ個人宅の設備を使い、備品を持ち出し、となることが多いのです。これについては相変わらず費用の切り分けが困難な場合もありますが、NPO活動への理解が進み支援体制が充実したことは非常に喜ばしく思います。

どのような事業が採択されるか楽しみにしています。

【間接経費の主な使途について】(募集要項より)
○施設や設備の整備、維持及び運営経費
・賃借料、施設の維持管理費、光熱水費、IT 関係費用、備品購入費、消耗品費、機器のレ
ンタル・リース料、通信運搬費、印刷費、保険料など
○本部機能に関わる費用
・代表や事務局長、財務や人事、施設や事務所の運営などに関わる有給職員やアルバイト
の人件費、各種手当、社会保険の雇用主負担分など
○ガバナンスに関わる費用
・監査費用、税理士や弁護士などの専門家への費用など

千代川のカフェ桜梅桃李(おうばいとうり)

さて、どちらかというと内向きな議会の話ばかりが続きましたので・・・このあたりでひとつ、お店の紹介を。

NPO法人ウエルスが千代川町にOPENしたカフェ「桜梅桃李(おうばいとうり」さんの鶏とたっぷり野菜の週替わりランチ。
写真はBランチです。850円

セット内容は、日替わりの小鉢と、スープ、ごはん(白米or雑穀)、生野菜、ミニデザート、ドリンクです。

しょうがい者就労支援事業の一環として営まれています。

オススメポイントは、おいしい野菜です。
土と太陽と空気と山の湧き水のみを利用した無施肥・無農薬野菜(自然農法)は南丹市園部町の契約農家「ファーザーズ・ファーム」さんの提供です。

しっかり野菜の味がします☆

野菜カレー(ミニサラダ付き・650円)の他にもマスター自慢の亀岡牛すじ煮込みカレー(ミニサラダ付き・600円)、チャーハン(ミニサラダ付き・500円)などのメニューがあります。

子どもたちとの外食で野菜の産地が気になる方にもオススメ。

自家製ケーキセットもあって新作ケーキが入ったとのことでしたので、こちらで紹介するために普段は食べないものを注文したのに、写真を撮り忘れてしまいました。不覚(- -;

亀岡市千代川町小川2丁目6−20
0771−23−8168
営業時間 AM9:00〜PM5:00
定休日 月曜日

亀岡市で給食の放射性物質検査が始まりました

昨日、亀岡市で給食の放射性物質測定検査が始まりました。
給食の測定は、3月定例会で母親たちが議会に対して請願したものです。

その後、国から検査機器を貸与されることが決定しましたが、やはり東北関東17県が優先となりますので、実際に亀岡市に機器が来るのは9月あるいは10月になるとのこと。機種も未定です。

それまで待てない・・・
なので、亀岡市が厚労省の登録検査機関である島津テクノリサーチに検査を依頼し、結果は市のホームページで公開されることになっています。検体は公立保育所および亀岡市給食センターで使用する食材で実際に給食として提供したものです。

先ほど問い合せましたら現在公開の準備をされているところでした。今日中には見られるようになるとのこと。

島津テクノリサーチでは1ベクレルまで測定し、結果、検出なしとのことでしたが詳細は公開情報をご覧ください。

今日で小学校は給食が終了しますね。夏休みが終わり、給食が始まってもまだ機器が間に合わないようであれば、このようにして月2回検査に出すことになります。

測定・公開することで安心して給食を食べさせられるようになりますね。

 

「描こう!キッズゲルニカ」in 亀岡

キッズゲルニカはピカソの「ゲルニカ」と同じ大きさのキャンバスに子どもたちが平和の絵を描くという国際的なアートプロジェクトです。

キッズゲルニカホームページ(日本語)

亀岡で子育てAmigo!、手づくりキッズ、のびなびあーとが共催しています。

昨日は第3回目。約120名が参加しました。

開催の様子は毎回こちらのブログ記事に掲載しています。
http://amigo.kameoka.org/archives/1037

参加費無料
持ち物タオル、お茶、帽子、弁当など
その他汚れてもよい服装で参加してください。

制作スケジュール

7月7日(土) ガレリアかめおか・研修室 10:00~12:00 ねえ、「へいわ」ってなに?七夕の願いをキャンバスに

お話:西本好江さん

7月8日(日) 旧一宮幼稚園(千歳町) 10:00~16:00 いろあそびでぬっちゃえ!
7月16日(月・祝) ガレリアかめおか・ロビー 10:00~12:00 ぼく・わたしをかきこむぞ!
8月9日(木) 亀岡市交流会館1階ホール(宮前町) 10:00~16:00 もりにたんけんだ!
8月18日(土) ガレリアかめおか・工作室 10:00~16:00 グングンかくぞ!
9月8日(土) 東部児童館 (篠町) 10:00~16:00 いよいよ しあげだ!
9月17日(月・祝) 龍潭寺 (薭田野町) 14:00~16:00 ふう、あとひといき!
10月6日(土)
雨天時14日(日)
「そとっこ」アートフェスタ会場(篠町) 10:00~15:00 展示 さあ、はっぴょうだ!

※8月18日は昼食時、第3作業所・パステルさんのパン販売をお願いしています。

福島のママのお話をきいて(感想)

5/26に開催した「福島のママのお話を聞こう」には19名の方に参加いただきました。
開催告知記事

本来なら講演要旨をまとめたいところですが、手が回らず。。参加者からの感想をいただきましたので、ここに掲載します。ズボラなことでごめんなさい。少しでも雰囲気が伝わればと思います。 続きを読む

<7/15>小出裕章さんのお話を聴く会

*小出裕章さんのお話を聴く会の主催事業です。
↓お話を聴く会のブログ
http://ameblo.jp/koidesan-ohanasi/

小出裕章さんのお話を聴く会

未来に生きるこどもたちへ 7月15日()14時~(13:30開演)
場所:ガレリアかめおか 2F大広間
参加費500円(18歳未満無料)
↓参加予約は受け付けフォームから
http://koidesan.jpn.org/若狭の原発銀座に隣接する舞鶴
50キロ圏内である京丹波 南丹 亀岡
そこに暮らす私たちにとって
福島の原発事故は、もう他人事ではない
放射能汚染された大地 海
そして水や食べ物
子どもたちを守っていくにはどうしよう?
若狭の原発群が事故を起したら
私たちの暮らしはどうなるのだろう?
原子力発電所の様々な問題に
長く取り組まれてきた研究者 小出裕章さん
小出さんのお話を聴いてみませんか
子どもたちの未来
わたしたちの未来を創るのはわたしたち
小出さんと一緒に考えてみませんか

<7/13>本間正人先生の「笑顔のコーチング講座」

7月13日(金)ガレリアかめおかで本間正人先生の笑顔のコーチング講座を開催します。
(チラシが完成しました!*4/20追記 残席10です。*6/1追記)
本間先生と言えば今、NHKの3ヶ月トピック英会話で講師をされていますね。

コーチングの指導者としても有名な方です。忙しくされているのでなかなか予定が組めなかったのですが、コーチングは本間先生に直接指導していただきたいと希望する声が多く、無理を言って亀岡まで来ていただけることに・・・

*笑顔のコーチング講座は10時〜12時、笑顔のコーチングファシリテーター(講師)養成講座はそのあと17時までです。

講師:本間正人(ほんままさと)

プロフィール詳細
NPO学習学協会代表理事、
らーのろじー株式会社代表取締役、
帝塚山学院大学客員教授、
NPOハロードリーム実行委員会理事
ミネソタ大学大学院修了(成人教育学Ph.D.)

「教育学」を超える「学習学」を提唱し、大人数の参加型研修講師として定評がある。コーチングやポジティブ組織開発、ほめ言葉などの著書多数。

ミネソタ州政府貿易局、松下政経塾研究主担当を経て、NHK教育テレビ「実践ビジネス英会話」の講師などを歴任。
2012年4月からNHK教育テレビ「三か月トピック英会話」講師。

コーチングのファシリテーター(講師)養成講座は保育士、保健師、看護科教員・学生、ケアマネジャーなど、対人援助のお仕事をされている方にもオススメです。

笑顔のコーチングとは・・・

笑顔のコーチングは、家庭や職場で、お互いの笑顔を引き出しあうコミュニケーションの方法を紹介する、体験型の講座です。

日 時: 7月13日( 金 ) 10:00〜12:00
場 所: ガレリアかめおか  2F研修室
参加費: 笑顔のコーチング 500円
対 象: 笑顔を増やしたい親子、子育て中のお母さん・お父さん、家庭や職場で笑顔を増やしたい方 (親子で参加可能です)
共 催:亀岡で子育て Amigo!  ・ NPO法人ハロードリーム実行委員会
申 込: ⇒こちらのフォームからお申し込みください



——————————————————————————–
笑顔のコーチングの講師になれる【ファシリテーター(講師)養成講座】も、同日開催します。

養成講座参加者は、午前中の「笑顔のコーチング講座」を受講後、引き続き午後からも本間先生にご指導いただきます。
※養成講座にお申込みの方は、午前中に「笑顔のコーチング」を受講いただきますので、別途「笑顔のコーチング」申込みフォームからの申込は不要です。

日 時: 7月13日( 金 ) 10:00〜17:00
場 所: ガレリアかめおか  2F研修室
参加費: 10,000円

【ファシリテーター養成講座】のお申し込みはこちら

ファシリテーター養成講座とは

「笑顔のコーチング」を地域で行っていただくファシリテーター(講師)になるための講座です。

家庭や職場などを「笑顔」あふれる素敵な場に変える技術や考え方をお伝えします。相手の笑顔になった体験を引き出す「笑顔のヒーローインタビュー」や、身の回りにある笑顔のきっかけを探す「笑顔になるもの探し」などを学びます。家庭や地域や学校や会社で笑顔を広げたい方のご参加をお待ちしています。

【ファシリテーター養成講座】のお申し込みはこちら
——————————————————————————–