西友・イオンの駐車場に停めればいい?

スタジアム来場者はイオンや西友に駐車すればいい・・・ということになったら、亀岡市民は困りますね。

一般質問では、スタジアムによる市民の生活環境への影響をどう考え、対策しているのかについて、専門知識がなくても誰もが問題点を理解できるものとして交通の問題を取り上げました。
スタジアムに確保される駐車場は100台で関係者、報道機関用です。
来場者用の駐車場はありません。

関係者の駐車場のみ確保して、来場者は全て公共交通機関で来ていただくという考え方のスタジアムもありますが、いずれにしても、関係者の駐車場だけでも100台は少なすぎるのではないかと言われています。また、来場者駐車場を持たないスタジアムは公共交通の利便性が高い場所にあり、JR1本しかないという亀岡とは状況が違います。

どうするのでしょうか。

府と市でまとめた「京都スタジアム(仮称)整備事業に係る環境への影響について」には、とんでもないことが書かれています。

JR 亀岡駅周辺に民間の駐車場が6 ヶ所あり、その収容台数は全部で約l, 250 台となっている。これらの駐車場は、地域住民の生活に利用されているが、常に満車になっているわけではない。

そして、ここには書かれていませんが、1250台のうち、1125台分が西友とイオンの駐車場です。商業施設の駐車場をあてにしているようにしか読めません。行政としては地域住民の生活の妨げにならないよう、どう対策を取るかを考えなければならないのではないかと思います。しかし、これを読むと、来場者の駐車場確保策としての記述のようです。

行政が表向きの文書にこういうことを書くというのはなかなか珍しいのではないでしょうか。
西友、イオンには協力していただけることになっているのか、了解をとってこういうことを書いているのか、と聞きましたら、
了解を取る必要はない。料金を払えば誰でも停められる。
というまさかの答弁でした。

どれぐらいの方が車で来て、どのような導線になるのか、スタジアムに来場者用の駐車場がないのであれば臨時駐車場はどこにどれだけ確保するのか、交通混雑や交通安全のシミュレーションは用地を買う前にやっておくべきでしょう。

専門家会議はアユモドキ等の自然環境について専門的見地からご意見を伺うところですから、そのことに集中していただくのは当然ですが、住民の生活環境への影響は誰も見なくてもいいのか。やってみてから考えればいいということでしょうか。

府がやらなくても、亀岡市が事前にシミュレーションをやるべきです。
何も無理難題を言っているのではありません。市民のために当たり前のことを求めています。

莫大な金や時間がかかる調査ではありません。
亀岡市は、アユモドキのためであれば、専門家会議の意見を受けて年度途中に単費で何千万も補正予算を組みましたし、事業着手もアユモドキへの影響が軽微といえるところまで専門家と調整ができるのを待つという姿勢できました。待っている間にできたはずの、亀岡市民の生活環境への影響については基本的なシミュレーションもしないまま。

スタジアムに期待して事業推進を応援している議員ももちろんこれまでから、交通の問題を指摘して、シミュレーションぐらいやれと言ってきましたが、それでも放置されてここまできてしまった。

こういういい加減なことだと、いずれ市民だけでなく来場者含め各方面に迷惑をかけることになるのではと危惧します。

お客様を迎える本気度が足りないのでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です