実質公債費比率は16%で推移の見通し

実質公債費比率(市税などの収入額に対する借入金返済額の割合)は上昇していくと見込んでいるとの説明が今月初めにありました。5年後は16%で推移する見通しだそうです。

しかし、将来負担比率(財政規模に対する負債の割合)については減少していくという見込です。
H29年度は145%程度。5年後の中期財政見通しH33は123%と見込んでいるとのこと。(H27の標準財政規模をベースに算定)

ざっくりいうと、返す額よりも多く借りないようにすれば将来負担比率は減っていきますが、お金がない中で借金返しに多く割り当てる(実質公債費比率があがる)となると、生活が苦しくなっていく、と予想できるということです。新たに求められているサービスもありますから、他に何を削るか考えなければいけませんね。

ところで、亀岡市は前期基本計画と後期基本計画とで、目標とする指標を実質公債費比率から将来負担比率へと変更しました。

前期基本計画(計画期間H23.4月-H28.3月)では、

実質公債費比率を
H21年15.6% ➡ H27 年14.6%

とする目標でした。
これは27年度決算で11.3%で達成した、ということになるのでしょうが、後期基本計画期間終了年度には16%になってしまうのですね。

後期基本計画(計画期間H23.4月-H28.3月)では、実質公債費比率を下げることを目標とするのではなく、

将来負担比率をH26年 157.7% ➡ H32年 152.7%

とする目標になりました。こちらは既に27年度決算時に149.2%ですし、減少していく見込だそうですから、目標達成できそうですね。

しかし、類似団体や府内団体と比べてもまだまだ高い数値です。

後期基本計画P15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です