亀岡市立病院運営委員会では何が話し合われているのか

9月定例会では、市立病院の資本金の額の減少について議案が提案されました。

決算認定と減資とを一本化して提案するという変わった方法での提案でしたが、その提案の仕方の是非について以前に、これからの病院経営をどうしていくのかという問題があります。

亀岡市立病院には病院運営委員会が設置され、平成21〜23年度の病院改革プランについての諮問を受けてこの委員会が答申を出しました。

そしてプラン実施の間、委員会は実施状況を点検・評価するはずでした。経営状況について、市民にわかりやすくホームページ等で広く公開することも答申で求められていました。

しかし、この委員会の会議録は公開されておらず、一体何を議論しているのかが見えてこない。そこで、実施期間が終わってからの総括や、今後の経営についてもそこで話し合われているはずだと思い、所管の環境厚生常任委員会でその総括の内容や委員会の会議録を示すように求めましたが、とうとう9月定例会の審査中には明らかにされずじまい。

なぜ、もともと公開しておくべき情報をすぐに出してこないのか。

仕方がないので、10月に入ってから開示請求をしました。

開示請求をすれば見られるのだから、委員会に出してもらわなくてもいいのかというと、そうではありません。私が個人的に、一市民として開示請求して手数料を納め、それを全委員に資料として配らなければ情報共有ができない状況というのは、異常です。議案審査の際に、充実した議論をするために必要な資料のはずでしたが、審査には間に合いませんでした。

開示請求によって出てきた会議録の中身を見れば、出し渋るほどの情報ではありませんでした。

ただ、改革プランの点検・評価や総括はまとめられていないことがわかった、ということです。

費用をかけて改革プランを作ったはいいが、そこに数字を当てはめて達成できたかどうかを表にまとめるだけでは意味がありません。それなのに、また総務省から新改革プランを作れと言われたから今年度も同じようにするのでしょうか。

減資をすれば、職員の意識が変わり、経営が改善するかのような説明がありましたが、到底そのようなことを真に受けて、経営改善の方向性を確認しないままに認めるわけにはいきません。

以下、開示請求によって出てきた亀岡市立病院運営委員会の会議録を示します。

本来は、市立病院ホームページで早く公開すべきものだと思います。

なお、21年度は開催されていないそうです。

26年度の会議録を見ると、27年度はプラン策定のために複数回開催されるように読めましたので、既に何度か開催されているはずと思いましたが、現時点ではまだ1回も開催されていないとのことでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です