スタジアム面積が条例の基準超

9月定例会での馬場議員への答弁で、亀岡市はスタジアムの建ぺい率が都市公園条例3条の3の基準をオーバーすることを認めました。

府はNHKの取材に対し「基本設計を業者に発注した段階では面積の基準があることは把握していたが、十分検討できていなかった。今後、観客席の形などを設計会社と協議するなどして面積を縮小し、条例に対応していく」と答えています。

亀岡市都市公園条例

(公園施設の設置基準)
第3条の3 一の公園に公園施設として設けられる建築物(建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第1号に規定する建築物をいう。以下同じ。)の建築面積の総計の当該公園の敷地面積に対する割合は、100分の2を超えてはならない。ただし、次条各号で定める特別の場合においては、当該各号で定める範囲内でこれを超えることができる。
(平25条例10・追加)
(公園施設の設置基準の特別の場合)
第3条の4 前条ただし書の特別の場合は、次に掲げる場合とする。
(1) 令第5条第2項に規定する休養施設、同条第4項に規定する運動施設、同条第5項に規定する教養施設又は同条第8項に規定する備蓄倉庫その他同項の国土交通省令で定める災害応急対策に必要な施設を設ける場合、当該建築物に限り、当該公園の敷地面積の100分の10を限度として前条の規定により認められる建築面積を超えることができることとする。

京都府の基本設計ではスタジアムの建築面積は23,100m2となっており、公園の面積13.9haで割ると建ぺい率は、16.6%になります。

条例の範囲内に収めるためには、スタジアムだけを考えても建物の面積を現在の2万3100平方メートルから1万6680平方メートルへと3割近く小さくする必要があります。更に、公園内には他にも建物を設ける内容で公園の補助金が申請されていました。

以前、プロジェクトはマネジメントされていないのではないか、と書きました。

計画に変更はつきものです。やってみて新たな課題が出てくることもあります。

しかし、建ぺい率が法令に適合しているかどうかも確認しないまま、基本設計までしてしまったというのでは、プロジェクトの体を為していないことは明確です。

更に残念なのは、議会の本会議で議員に問われたあとで、市は京都府と相談した内容をすぐに議会に報告しなかったということです。報道でそれを知ることになったということは、推進に尽力している多数の議員の信頼を損なったのではないでしょうか。

大枠を認めて、あとは行政に任せておけば、きちんとやってくれるというのは大間違いだということが明らかになったと思います。

執行部の答弁は、

○京都府と協議調整を行いながら、関係法令を遵守し、府民、市民から賞賛をいただける施設になるよう努めてまいりたい。
○なお都市公園法第5条に、公園管理者以外の者の公園施設の設置について規定されており、これに則して、亀岡市都市公園条例第8条に設置又は管理の許可申請方法を定めている。
○京都府から設置申請をいただき亀岡市が法令条例に照らして審査することになるが、審査する際には、この時点の条例に適合する必要があるということである。

スタジアムをつくるために、緑の基本計画も改定をした亀岡市です。

歩いていける身近な公園が足りない一方で、既に十分な面積がある都市公園を更に増やすという改定でした。亀岡市が将来も維持していけるだけの公共施設等を見極めていこうというときになぜ他との兼ね合いも見ないまま広大な公園を新設できるのかということを以前、質疑しました。これはスタジアム関連だから例外だというのでしょうか。

そのときの答弁は、人口10万人を目指す上でぜひとも必要な公園だから、とのことでした。

正気の沙汰とは思えません。10万人を目指す上で必要だ、と主張すれば、何でも建設できるようになってしまいます。もうすこし緻密に理屈を組み立てておかなければ、財政状況厳しい折り様々な改革が必要となる場面で、スタジアムに関心のなかった市民からも追及の声があがることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です