委員会で子供の貧困がテーマに

午前中は、亀岡市の防災訓練に出席し、その続きで
午後からは、花園大学 社会福祉学部の吉永純先生の「子供の貧困」をテーマとする講演を聴いてきました。

ちょうど、環境厚生常任委員会でもテーマとして設定されたところです。
国や府は子供の貧困対策の推進という言葉を出し始めましたが、市ではまだこれから。

国→府→市と流れてくるのを待っていては、今の子供達の成長に間に合いません。委員会で力を合わせて、矢印の向きを逆にする勢いで取り組みたいテーマです。

亀岡市議会は閉会中も月例で常任委員会を開催し、所管事項の調査などを行っています。

ただ、その内容は、執行部から策定中の計画について説明を受けるなど、どちらかというと受け身であることが多く、単発のまま深まらないという悩みがありました。そこで、平成26年3月には、委員会ではテーマを設定して月例で取り組む、ということが決定したはず。これは、その1年間だけでなく、今後も続いていくのだと思っていましたが、27年1月に改選があって、この2月からメンバーも入れ替わり16期がスタートすると、すっかり振り出しに戻ってしまったようで残念に思っていたところでした。

それについて環境厚生常任委員会では議論を重ね、先日、テーマを設定することができました。
フレッシュな感覚の新議員と意欲の高いベテランのバランスがよい委員会で、これから積極的に動いていけそうな雰囲気です。

私の4年間のテーマは、チームを大切にすることです。

IMG_5249

一般質問等で執行部の考え方を聞くだけでは、議会内での議論にも発展せず、政策提言にもつながりません。

右の本は、吉永先生が講演の中で紹介してくださったおススメの本。

女性の貧困、子供の貧困についてはもう何冊も資料を集めたので、どうしようかな、と迷いましたが、マンガっていいですね!

貧困問題については、これまでから資料を集めてきましたが、1人で持っていても宝の持ち腐れです。

まずは、ざっくりと関心を持ってほしい人にも勧めやすい!まずは委員長に見ていただいて、よければ委員の皆さんにも回していきたいと思います。

今後、集めてきた資料をどんどん共有したり、市民相談の経験豊富な他の委員さんからもご存知の事例を教えていただいたりしながら、取り組んでいきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です