9月決算審査に向けて

9月の決算審査の準備に取り組んでいますと、web上で公開されている情報の他にも多くの資料が必要です。(お忙しい中、ご協力くださいました皆様、ありがとうございました)

目が離せない亀岡市の財政状況。

お財布事情を市民と共有することで、民主主義が成熟していくのではないかと思っています。

しかし、広報誌の予算・決算特集をどれほどの市民が読んでいるか・・・見ても、その数字やグラフが何を意味しているのかを読み解くのは容易ではありません。知識がないとわからないということもありますが、紙幅の制限もあって、情報が足りていないのです。

全国各地では、市民による財政白書づくりが進んでいます。行政がまとめたもの、議員有志がまとめたもの、議会としてまとめたものなども発行されています。豊富な情報を紙媒体で・・・関心を持って見れば、興味深いものではありますが、関心を持っていただくまでが難しくて、それをどうするかということを、今、悩んでいるところです。

貯金を取り崩したり、借金を取り崩したりしてでも現金がまわっていれば黒字となるのが現金会計の収支・・・26年度の「実質収支」は3億8000万の黒字です。その黒字の中身としてどういうやりくりをしたのかに注目しないといけません。それを表しているのが「実質単年度収支」です。

実質単年度収支は相変わらず赤字続き。例えば、26年度は8億円も貯金を取り崩しています。
26年度決算では、6億4618万8000円の赤字です。
その前は4億5000万、更にその前は2億6千万の赤字でした。

亀岡市実質単年度収支

財政に関心のある方がこのグラフを見ると、とても驚かれます。
上下逆さまではないのか、と・・・

(H22,23の黒字になっているところは土地を売り払ったという臨時収入のおかげですが、これから先は、もう売れるものもほとんど残っていません)

わかりやすく伝えるには深い理解が必要です。

関心を持っていただける情報発信をするためには私もまだまだ勉強が必要ですが、学ぶにつれて、更に勉強しなければわからないことが出てきます。奥が深い・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です