選挙、ウルサイ

統一地方選お手伝いの旅でしばらく留守にしていました。

亀岡は時期がズレていますので4月後半は静かなものでしたが、選挙中のまちはどこも賑やかです。たまに選挙そのものに拒絶反応を示す方がおられます。ウルセーんだよ。と荒っぽい態度で示すかたの背後には、たくさんの、政治なんて自分には関係ない、選挙なんてウルサイだけ、という有権者がおられるのだろうと思います。

選挙カーmini確かに7日間(町議会は5日)の選挙運動の中で伝えられることは限りがあり、どうしても候補者が選択肢として存在することのアピールに偏ってしまうでしょう。名前の連呼に終始する陣営もあり、通り過ぎる選挙カーから主張の違いを見分けるのは困難です。

それでも、自分ごととして捉えていかなければ政治を変えられません。

3月定例会予算審査の報告をしてからご無沙汰でしたので、本日、2カ所で街頭演説をしてきました。

政治の方向を決めているのは、有権者のあり方です。
大きな問題が起きてから、どうして議会はチェックできないのかと嘆いても遅い。
大きな問題が起きてから、大変なパワーを使って運動を起こしても遅い。

選挙のときに、有権者として、ひとりひとりの市民が政治に目を向けていることを示さなければ、市民が尊重される政治は実現しません。
投票に行かない人ほど、ワリを喰っているとわかって下さい。
子ども達は投票できません。だから子育て世代こそ投票に行って下さい。子ども達の未来もその一票にかかっています。

長い目でみれば、こんなことを続けていては大変なことになる、と誰もがわかるような愚かなことが行われているのは、その危機感が投票行動に表れていないからです。将来にツケを回すようなことが平気で行われているのは、そんなことはやめろ、と投票行動で示していないからです。

選挙では、どなたが当選するかと同じぐらい、どなたが投票に行ったのかが重要です。どんな内容を訴えた候補者がどれぐらいの票を取ったのかが重要です。それを政治家は見ています。
どちらを向いて頑張ればいいのかが、結果に表れてくるのです。

だから、自分ひとりが投票に行かなくても結果が変わらないのではなくて、あなたが投票に行かなかったという結果が表れてしまいます。

私は各地のお手伝いをしていて、笑顔で手を振ったり声をかけてくれる子ども達にも伝えました。

あと数年で、あなた達も有権者です。この選挙、もし自分が投票するなら、という目で見てみて下さい。しっかりと候補者を見極めて、自分の意思で投票する大人になって下さい。

子ども達に、選挙啓発のポスターを描かせるということを多くの自治体でもさせていますが、なぜ選挙に行くことが大事なのかをきちんと教えているところはほとんどありません。

いま、政治が自分の思いに添っていないと感じている人はたくさんいると思います。そのうち、どれぐらいが投票に行っているでしょうか。政治家は役立たずだと不満を言っていても何も変わりません。政治は、投票に行く有権者の方を向いて動いていきます。

亀岡市は1月に市議選、4月に府議選でした。いずれも有権者の約半数は投票に行かなかった。市政課題について、これからもチラシや演説等で伝え続けていきますので、一緒に考えて下さい。

このままでいいと思っているのでなければ、投票に行って下さい。

次の投票の機会は、10月の市長選です。あなたがそこにいるということを示して下さい。あなたが何を思っているのか、伝えて下さい。

投票に行って下さい。

4 comments

  1. スジシマドジョウ より:

    公職選挙法では、走っている選挙カーからは名前などの連呼しかできないことになっているので、うるさいということになるのでしょうね。走りながらは禁止して、停車して駅前などでしっかり考えを訴えることだけにすれば、候補者の力量もわかることでしょう。

    • 酒井 あきこ より:

      統一選で思いの近い候補者のところに応援に行った際、ある陣営は幹線道路で走りながらのスピーカー使用は一切せず、停まって3分ほどの演説を繰り返す、ということをしていました。陣営といっても、事務所も構えず、本人と私(運転手)しかいません。
      聞き比べて、選ぶ、ということがされるようになるとよいのですが・・・

  2. ホトケドジョウ より:

    今日の朝日新聞の投稿欄に、市議や町議は無給にしたらどうかとの投稿がありました。欧州では一部の国の一部の地域では議員は無給のところがあります。
    これが良いかどうかは賛否両論があるでしょうが、本当に地域のことを考え将来をどうしていかなくてはならないかを考えたとき、きめ細かな議論をするのには良い方法かも知れません。
    結局は議員と市井の民の議論がなされない情況が、今のこの国の重大な欠陥であると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です