ダメなのは反省しないその態度

本日、京都地裁に、スタジアム用地測量の費用全額の返還を求める住民訴訟を提起しました。

事業費全額の返還を求めて監査請求したうちの一部、47万円については返還が勧告されましたが、それから約1ヶ月が経っても市の対応が見えてきません。監査結果もまだ公開すらされていません。

(追記)トップページのお知らせリンクや監査ページには上がっていませんが、
ホーム > 市政 > 議案・条例等・公報 > 亀岡市公報インターネット版 > 平成27年1月5日発行号外 で見られます。*公開はされている、という指摘をいただきました。

訴訟が提起できるのは、住民監査の結果が出てから30日以内です。残念ながら監査結果を「真摯に受け止め」て対応している様子は見られませんので、訴訟に踏み切ることとしました。

スタジアム用地測量に関する不当な支出について全額の返還を求めるこの訴訟は、単に金を返してもらえばいいという話ではありません。ダメなのは反省しないその態度。問題意識もあるのかないのかわかりません。

スタジアムの是非に関わらず、このようないい加減な支出は認めるべきではありませんでした。しかし、これを議会は認めてしまいました。
決算が認定されれば問題がなかったことになるのかというと、そんなはずはありません。

私は、いい加減な行政運営を象徴するようなわかりやすいこの問題を、放置するわけにはいきません。

議会で認めてしまったので、もう仕方がないと、ここで私までもが諦めてしまえば、市民には何も伝わらないまま終わってしまったでしょう。怒るべきときに怒れないようでは、市民の権利は守れませんが、何が起きていたのかを知る機会さえない状況では怒りようもありません。

行政が明らかにおかしなことをやり、有り得ない言い訳を議会が認め、市民にも問題が周知されることなく、誰も追及することなく過ぎていってしまうというのは、住民自治の根幹に関わる問題です。

今回の測量の件に限りません。いい加減なことをやって、指摘されても非を認めず、なんとか議会をやり過ごせればいい、という市民を軽んじた態度を改めていただきたい。

法令違反という判断が下されない限り、何をやってもかまわない、というのは通りません。
普通は通らないものを議会は通してしまっているわけですが、市民は議会ほど甘くない。問題として取り上げられて、市民の目に触れることになれば、このままシラを切り通すわけにはいかなくなるでしょう。

それが、訴訟まで行うこととした意図です。
訴訟をしても、監査請求と同様に、結果を真摯に受け止める、というコメントがある程度かもしれません。それでも、市民が、根の深いこの事件に目を向け、問題意識を持っていただけるのであればやる意味があります。
私は市が自ら問題点を明らかにして、改革する姿勢を見せるまでは、徹底追及していきます。

本日もこの件に関して報道があると思いますが、本質をしっかりと伝えていただけることを期待しています。

38 comments

  1. スジシマドジョウ より:

    ここまでさせなくても行政の責任で何とか改善できなければいけないこと。それ故、事態は深刻だと思います。市長は府の部長まで務めた優秀な行政マンで、こんな初歩的問題は百も承知のはず。スタジアム関連というだけで、行政と政治のはざまで身動きがとれないのでしょうか。
    この問題は会計処理事務の問題でスタジアムとは直接関係ないはずなのに、そこまでこだわられるということは、スタジアム誘致の裏には「青少年の夢」とはかけ離れた胡散臭い「計り知れない効果」があるのでしょう。
    白紙撤回しかありません。

  2. k より:

    白紙撤回は待ったですょ、すでに付帯道路である保津橋も延伸開通し少しずつ動き始めた所なのに(>_<)

  3. スジシマドジョウ より:

     保津橋はいつからスタジアムの附帯道路になったのでしょうか?保津橋架け替えは、旧保津橋が狭く老朽化していたのと、保津川の改修の両面から着手され、平成12年に完成しています。その南側への延伸も都市計画道路としてスタジアムとは全く関係なく用地買収や工事が進めれてきたものです。
     時間が経つにつれていろんな誤解や噂はつきもので仕方のないことです。行政はしっかり説明責任を果たすべきで、市民は何が正義なのかしっかり見極める必要があると思います。
     白紙撤回とは、亀岡のまちづくりとして本当にスタジアム誘致が必要か否か、そこから議論をやり直し市民合意を得る必要があるという意味で、言葉足らずでした。
     

  4. ホトケドジョウ より:

    国営圃場整備も下水道や幹線道路と一体になった事業でした。
    圃場整備を認めないと、農地とは関係のない社会インフラである下水も道路も認めませんよと前提のもと推し進められてきました。
    今回の競技場の問題も、宇津根橋や堤防道路と組み込んだ事業であることは明白です。
    宇津根橋や堤防道路の拡幅は市民の要望としてかなり以前からあった話で、競技場を認めないのなら実施しませんというのとは違うはずです。
    仕事らしい仕事もせずに年間200万くらい貰うらしいという職員の天下りの問題も聞いたりします。
    ちょっと亀岡の行政(市議会も含めて)は旧態然としています。
    早急に改善していかないと10年先には赤字自治体になってしまうでしょう。

  5. 京都府民 より:

    公共放送に事前に情報を漏らし、Twitterで告知する。
    正々堂々のスローガンが聞いて呆れますよ。

  6. k より:

    しかし今回の市議会選挙では保守系候補、公明党も含みますが^_^;大半の候補がスタジアム着工を公約に掲げてますが、共産党候補はスタジアム着工反対を公約に掲げ子育て支援や東、西別院地域や西部地域に常備消防出張所の新設を公約に掲げて選挙戦で各候補訴えて来ましたたが?4月には府議戦そして10月には市長戦を控えてます仮に共産党公認候補が府議撰で圧勝した場合?それから市長撰で亀岡市政を握ってしまった場合おそらくスタジアム計画は振り出しに戻るか中止に追い込まれるでしょう。

  7. k より:

    仮に府議撰や市長撰で共産党が亀岡市政を握ってしまった場合はスタジアム計画は中止に追い込まれるでしょう。

  8. 亀岡クオリティ より:

    >監査結果もまだ公開すらされていません。

    とっくに公開されてますが(呆)・・・

    http://www.city.kameoka.kyoto.jp/bunshokanri/shise/reki/koho/documents/gougai27-1.pdf

  9. 酒井 あきこ より:

    スジシマドジョウさん、ホトケドジョウさん、kさん、

    スタジアムにまつわる様々なことから明らかになったのは、亀岡市では法令を遵守して公平公正な行政運営を行うという基本的なところができていないということです。

    そして、スタジアムへの期待も懸念も、議論ができていません。議論できるだけの情報も出ていない。
    一般市民の手の届く場所に情報がないというだけでなく、議会も似たような状況です。

    例えば、スタジアムをやれば、河川改修や道路整備が進む・・・という希望については、他でお聞きすることもありますが、その実現の手段としてのスタジアムなのか、それが推進を是とする根拠として適切なのかという話はされていません。市民にとって必要なものはスタジアムの有無に関わらずやらなくてはなりません。経済波及効果は○億円、についても、それが亀岡市民にとってどんな意味をもつ数字なのか詰め切れていません。財政も環境も治水も・・・このまま進めても大丈夫だとの見通しもありませんし、もし期待通りに進まなかった場合に生じる損失も受け止められると計算した上でこれを進めようということになっているわけでもありません。

    そんな状況で、杜撰な支出をしたことについて、スタジアムを推進しなければならない中ではこんなものは瑣末事だとされるのでは、今後が大変心配です。議論に必要な情報は出さない、不都合なことは説明しない、議会さえ通ればそれでいい、ということでは市民の利益が損なわれます。

    司法記者クラブでは、スタジアム反対→訴訟か、というような御質問も出ましたが、そうではありません。こういうことがまかり通る土壌から変えていかなければ、スタジアムが例え振り出しに戻ったとしても、繰り返し同じような危機が訪れるでしょう。

  10. 酒井 あきこ より:

    ところで、他の投稿でも共通することですが、コメントが1週間以上経っても公開状態にならない方に対して、ここでお断りしておきます。

    IPとハンドルネームの組み合わせが以前コメントいただいたときのものと一致している場合は即座にコメントが公開されます。しかしIPが同じでもハンドルネームが変わっているなどの場合、スパム防止のために自動的に承認待ちの状態となります。それでも基本的には承認・公開する方針ですが、意見といえるレベルに達していないものや名前を変えての言い捨てについて高頻度に行われる方については対応しませんので悪しからずご了承ください。

  11. 酒井 あきこ より:

    さて、京都府民さん、亀岡クオリティさん、
    公営放送に事前に情報を「漏らす」ということについてですが、漏らしたのではなく、関心を持っていただいているところには積極的に情報提供をしています。それで、どなたにどういう不都合があるのかわかりませんが、市民にとっての不都合はないものと考えています。

    この不当な支出の経緯に関心を持つ一般の市民への発信がないこと、説明も今後の対応もないことが問題だというのが本文の趣旨でしたが、監査結果を含め、地方自治法上で公表しなければならない、とされているものについては、単に公報に載せておけば市民に周知されたことになる、という建前があることもそのとおりです。ご指摘のように「公開がない」は不適切でしたので、本文に追記しておきます。

  12. k より:

    酒井議員がオシャッテいる事は即日撤回や反対では無しに市民の皆さんにスタジアム建設に掛かる予算の公開と測量のやり直しを市長や府政に訴えておられるんですね?共産党議員団は白紙撤回よりも即日建設中止を市長に突き付けてます。

  13. 酒井 あきこ より:

    測量のやり直しは求めていません。測量については、スタジアムの是非とは関わらず、杜撰な支出は認められない、ということだけです。

    スタジアムについては、それをあの場所に誘致することとした検討内容、今、市民に心配されている課題についてどのようにクリアしていくかの検討内容を公開し、市民的議論を喚起の上で、合意を確認すべきだと考えています。
    最初から否定してかかるのではなく、十分に見極めて投資することが大切です。将来の亀岡市にとって良くも悪くも大きな影響を及ぼす事業です。あとから、そんなはずではなかった・・・ということにならないようにしなければなりません。
    もっと前の段階でそれをしなければなりませんでしたが、いままで基本構想になかったような大事業をやることに亀岡の命運を賭けようというのですから、既に進行中だからといって、そのプロセスを省略するというのは認められません。
    京都府では事前審査が済んでいませんので、スタジアムは計画段階に過ぎません。また、京都府の事前審査は府の事業であるスタジアム部分のみという考え方のようです。
    公園整備も含め、亀岡市民にとってはどうなのか、ということは私たちでしっかりと見極めなくては、他の誰も心配してくれません。
    議員が市民の代表、だから、議会で是と結論が出たものは進めればいいかと言うと、実は議会でも議論ができていません。
    本気でスタジアムでまちを盛り上げていくなら、市民の協力が不可欠です。市民生活への影響はよいことづくめというわけにはいきませんし、限られた資源をここに投入すれば他では我慢しなければならないことも出てきます。期待通りにうまく行かなかった場合にも、結果生じる不利益を受入れなければならないのは市民です。
    これはスタジアムに限ったことではありません。今となっては、スタジアムそのものの是非よりも、市民を蔑ろにした行政運営が大きな問題だと捉えています。

  14. アユモドキ保護者 より:

    あまりにも酷いですね。
    市議会議員選挙の結果は民意ではないんですか?

    監査結果は公表されてるのに「公表されてない」とブログに書いた貴女はコンプライアンスの欠片も無い。
    謝罪すらないじゃないですか。
    政治は義務教育では無いです。
    興味を持ってチェックしない人間にまで知らしめる努力が必要ですか?

    というか市政、市の職員に謝罪しなさい。
    監査結果は公表されてます。

  15. スジシマドジョウ より:

    ↑ 
    あれ、12月26日のコメントに
    「もう拝見する事も無いでしょうから返事は要りません。」
    とあったように思いますが、見間違い、人違いだったのか。

  16. あまのじゃく より:

    いつも過激なコメントですね。
    しかし、酷いものです!ここまできたら呆れ返りますね。
    常に上から目線で亀岡市民を愚弄する、京都府から来られたお偉いさんは!

    おヒマな職員さんは、このブログを毎日チェックされているのでしょう!

  17. ホトケドジョウ より:

    謝罪するのは、こんな決算を認めた議員たちと、でたらめな職員たちでしょう。
    民意だからといって好き勝手されては困ります。
    政治とはおかしなことを正していくのが議員の勤めであり、一部の利権者に尻尾を振ることではありません。
    くさいもののふたを開けなくてはいけません。
    知らされないことを知らしめる、それがまっとうな議員の姿だと思うのですがね~。
    亀岡市のためにも不正は多くの市民に開示して、正していかないとね~。

  18. アユモドキ保護者 より:

    バツが悪すぎて本人は答えられませんか?

    二人のドジョウさん達は本気で議員を推したいならどこまでも清廉潔癖、正々堂々であるべきだとアドバイスすべきじゃないでしょうか?

    自分が間違いを犯したら素直に市長や職員に対して謝罪するからこそ言葉に重みが出るのです。

    取り巻きが悪いんですかね。

    とるに足らない理屈のドジョウさん達はもっと議員の事を深く考えてあげてはどうですか?

    今のままでは援護では無く、議員の正当性をドンドン下げてます。

    選挙結果通りです。

  19. 亀岡クオリティ より:

    さっそく、記事に反映していただきありがとうございます。
    が、コメントで解せない個所があります。

    >単に公報に載せておけば市民に周知されたことになる、という建前があることもそのとおりです。

    今回の原因で考えられるのは

    ①公報への記載を知らなかった。
    ②公報への記載は知っていたが、建前だから公開とは言えない。

    のどちらかだと思いますが、

    ①の場合『ご指摘のように「公開がない」は不適切でしたので、本文に追記しておきます。』で良いと思います。簡単でもいいので謝罪の言葉が添えてあれば燃料投下にはなりませんね。ま、ネットで「亀岡市住民監査請求」等で検索すればすぐにヒットするので、批判はされるかも知れません。

    ②の場合は論外です。4年間も議員されてていれば、数多くの議案を審議し、公報に記載されることも多いはず。昔と違いインターネットにもアップされるので、全世界に発信してますよね。ご自身が賛成し成立した条例も、公開されてないってことでよろしいでしょうか?

  20. 藤崎 より:

    相手に聞こえない返事は返事じゃない。
    伝える気が無い監査結果の公開も同様かと思います。

    ホーム > 市政 > 議案・条例等・公報 > 亀岡市公報インターネット版 > 平成27年1月5日発行号外

    なぜこんなにわかりにくいところにあるんでしょうね。
    これってこんな扱いで済むような些細な問題だったんでしょうか?

  21. ホトケドジョウ より:

    アユモドキ保護者さん、なぜそうカッカするのですか?
    そう喧嘩腰になられれも困りますよ~。
    私の考えはとるに足らないものでしょうかね~。
    そうだとしたらあなたの言っていることも同じですよ。
    少なくとも私は亀岡に住んで、よりよい町にしていきたいなと思っているだけです。
    そのためにはどうしたらいいか考えているだけです。
    敵対するのは止めましょう。
    コメント人同士争ってもむなしいだけです。

  22. 酒井 あきこ より:

    公報に掲載されているのはわかっていました。
    結果を受け取った当日に、いつどのように対応していただけるのかを聞いたところ、その時点では公報に載せて公開することだけでした。既にその場に公報の原稿はありました。
    しかし、私が求めているのは、単に費用を返還してほしいということではないので、これで済ませないでほしい。市民に説明して、このようなことが起きないように対応していただきたいとお伝えしました。
    訴訟を提起する場合は30日以内という期限がついていますが、その期間内に姿勢を示すことはできるはずです。
    1ヶ月経っても、所定の手続き通り公報に載せた、それで終わり。
    公報は議員に紙で配布されますが、条例制定改廃、監査結果の公開を公報でしていることを知っていて、そこにアクセスできる市民は限られています。それではだめですね。ということです。
    ネット公報に載せているのに、公開していないと書いた、ということが本文の趣旨に重大な影響を及ぼすとは感じていませんが、そこに大きな反応を見せる方がいるというのも理解します。

    これからも都合の悪いことは公報に結果を載せただけでホームページの奥深くに埋没させていても、ちゃんと公開していることに変わりありません、知らなかったんですか(呆
    と言うわけですね。

    そういう論理は誰のものでしょうね。

    十分な議論がなかろうとも、議会で多数決によって決まったのだからスタジアム推進は尊重すべきだ、
    法令はどうにでも解釈できる、
    「公嘱さん」を狙い撃ちしている、
    自分で情報を見つけられない市民に知らせる必要はない、

    本論と外れて、一生懸命にそういうことを主張される姿には大きな違和感を覚えます。
    アユモドキ保護者さんは特に市民であるという建前ですから、市民らしく見えるかどうかにも気を配ったほうがよいでしょう。

  23. アユモドキ保護者 より:

    公報に載せるだけがダメなら条例等はどうされてるんでしょうか?亀岡クオリティさんの言う通りですね。 少なくとも酒井議員が議員の間に私のところに議会の報告や新たな条例の内容、様々な監査結果の報告に来た市の職員なんていませんが? というか公報に載るのを知っていてあんなブログ載せたんですか? 市民を欺く行為はいい加減やめなさい。 自分の過ちを認めて謝罪しない人間の言う事を誰が聞くんですか。 言い訳ばかり。
    恥ずかしい。

  24. アユモドキ保護者 より:

    法令に乗っ取って行われた監査結果公開。
    それを知りながら「公開されていない」とブログに書いたと自白してる貴女。

    アウトですよね。

    法令遵守とは良く言えたものです。

  25. ホトケドジョウ より:

    今日発行の京都丹波新聞(今までの京都市民新聞)に元市議の宮本さんの記事が出ていました。
    内容は正に今回の選挙の現状や今の市議会の問題点を指摘しています。
    瑣末のことでぐだぐだ文句ばかり言っている方にぜひ読んでいただきたいものです。

  26. アユモドキ保護者 より:

    ドジョウさん達も本人も、このブログのタイトルをどう感じてらっしゃるのでしょうか。

    ダメなのは反省しないその態度

  27. あまのじゃく より:

    まだ続いてるんですね。
    法令遵守、謝罪、反省、民意ですか?
    そもそも論で物事を論議しないと事の本質を見失いますよね。
    スタジアム誘致については市議会議員選挙の結果は、ある意味で民意でしょう。それ以前に、府民や市民のスタジアム建設の誘致署名から京都府が建設を決定した事も民意です。共産党がいう白紙は民意に反く行為です。
    測量関係の一連の行為は、亀岡市が法令遵守できていないから起きたことです。市民に嘘と不利益を与えた一連の行為について謝罪と反省をするべきではないでしょうかねNO.2さん。
    指摘をする議員を攻撃するより、内部調査をするべきじゃないですか?

  28. アユモドキ保護者 より:

    市が法律に沿って公開してる情報を、公開してる事を知りながら「公開してない」と有権者に訴えた「違法性」をどう考えていますか?

    随分日にちが経ちましたが全く返答が無いです。

    どこまでも徹底抗戦した方がいいのですか?

  29. 元亀岡市民J より:


    2014年12月26日3:04PMにコメントをした「アユモドキ保護者」さんご本人ですか?もしご本人なら、見ることもしないはずなのではありませんか?仮に、見ることはあっても、「アユモドキ保護者」さんがコメントするはずは、ないと思うのですが・・・なぜ、再びコメントをしておられるのですか。
    また、もしご本人でないのなら、他人の名をかたってコメントするのはやめてください。ご本人であっても、ご本人でなくても、「アユモドキ保護者」さんのコメントは差し控えてください。お願いします。「アユモドキ保護者」さんは、2014年12月26日をもって、このブログとは無関係なのです。

  30. 藤崎 より:

    上の方が書いているのは、アユモドキ保護者さんが「二度とこのブログには来ない、自分への返事も結構!」という趣旨の書き込みを最後にこのブログにはいなくなったはずだという事ですね?

    あのコメント欄のやり取りを読んでいる時も、酒井市議の時間を潰すだけ潰して分が悪くなったら逃げ帰ったような感じで気持ちのいいものではありませんでした。

    礼をつくしても全部ほり投げて逃げる。かけた時間もかえってこない。
    いっその事、今後書き込み出来ないようになさってはいかがでしょうか。

    この記事とはまるで見当はずれなやり取りを見ていると、
    記事の主旨を理解しようとつとめる者にとっては迷惑です。

    長いやり取りの後、二度とこのブログには来ない!返事も不要!

    と延々やられると、このブログを見ている方も
    またこの人かと思ってゲンナリします。
    主旨と異なるところで気分が悪くなります。

    繰り返しますが、今後アユモドキ保護者さんが書き込み出来ないようにする件、
    以上の理由を持って検討いただければと思います。

    行政のHPにも各記事毎にコメント欄があればいいのにね。

  31. アユモドキ保護者 より:

    私は酒井議員に意見をし、意見を求めてるだけなのに、外野が参加してくるからコメント数が30にも伸びてるだけで…。

    一点だけ聞いてます。「法律に乗っ取って公開されてる情報を公開されてる、される事を知ってて≪公開されてない≫とネットに書いてしまう事の違法性はどうお考えですか?」です。

    ちなみに酒井議員本人以外の人達が色々言ってますが…「人には細かく追求するのに自分は細かく追求されたらそんな事しか言えないんですか?」くらいのコメントしかないので。酒井議員の意見を聞きたいんですが…。

    酒井議員がこんな支持者の意見を自分の意見としてるならそれはそれでいいですが…どうなんですか?。

  32. 藤崎 より:

    >一点だけ聞いてます。

    ・市議会議員選挙の結果は民意ではないんですか?
    ・興味を持ってチェックしない人間にまで知らしめる努力が必要ですか?
    ・バツが悪すぎて本人は答えられませんか?
    ・二人のドジョウさん達は本気で議員を推したいならどこまでも清廉潔癖、正々堂々であるべきだとアドバイスすべきじゃないでしょうか?
    ・とるに足らない理屈のドジョウさん達はもっと議員の事を深く考えてあげてはどうですか?
    ・公報に載せるだけがダメなら条例等はどうされてるんでしょうか?
    ・少なくとも酒井議員が議員の間に私のところに議会の報告や新たな条例の内容、様々な監査結果の報告に来た市の職員なんていませんが?
    ・というか公報に載るのを知っていてあんなブログ載せたんですか?
    ・ドジョウさん達も本人も、このブログのタイトルをどう感じてらっしゃるのでしょうか。
    ・市が法律に沿って公開してる情報を、公開してる事を知りながら「公開してない」と有権者に訴えた「違法性」をどう考えていますか?
    ・随分日にちが経ちましたが全く返答が無いです。どこまでも徹底抗戦した方がいいのですか?
    ・酒井議員がこんな支持者の意見を自分の意見としてるならそれはそれでいいですが…どうなんですか?。

    >市民を欺く行為はいい加減やめなさい。
    >自分の過ちを認めて謝罪しない人間の言う事を誰が聞くんですか。
    >言い訳ばかり。恥ずかしい。
    >法令に乗っ取って行われた監査結果公開。
    >それを知りながら「公開されていない」とブログに書いたと自白してる貴女。
    >アウトですよね。というか市政、市の職員に謝罪しなさい。

    質問と感情がたくさん出ているように見えましたが、
    聞きたいのは、以下の質問だけだという事ですね。

    >一点だけ聞いてます。「法律に乗っ取って公開されてる情報を公開されてる、される事を知ってて≪公開されてない≫とネットに書いてしまう事の違法性はどうお考えですか?」です。

  33. 元亀岡市民J より:

    アユモドキ保護者様、またはアユモドキ保護者をかたる方に申し上げます。
    このブログに書き込むのは差し控えてください。お願いします。

    念のために申し上げますが、酒井市議に対し、意見をしたり、酒井市議からの意見を求めたりすることを差し控えて下さいと言っているのではありません。
    それは、このブログとは別の場所で、ご自由になさってください。

    私が申し上げていることが、理解できないとは考えにくいのですが、
    念のために、端的に申し上げます。
    アユモドキ保護者様にも、アユモドキ保護者をかたる方にも、
    このブログにコメントを残す「資格」がありません。
    即刻やめてください。

  34. アユモドキ保護者 より:

    「酒井議員に反対意見を言う者はコメントしないで下さい。議員も答えません。」とでもブログに載せればいいんじゃないでしょうか?

    それにしてもお二方はまるで酒井議員か非常に近い人みたいに私をどうにかしようとしてきますが…どういう事なんでしょうか。
    どんな事があっても議員を擁護されるつもりみたいだし、嘘っぱちを市民に伝えていた事を自供して以来議員も御答えにならないので…御二方に聞きます。
    「監査結果が公開されてる事を知っていながら公開されてない」とネットに書き込まれた議員は完全に違法行為をされてると私は思いますが…どう考えておられますか?

    違法は間違いないと確信しております。私は。

  35. 酒井 あきこ より:

    基本的に新しい投稿をするタイミングで自分のサイトを開きますが、コメント欄が荒れているとのご連絡をいただいて確認してみたら、ずいぶん、下品な感じになってきてますね。
    普段は投稿にこれだけのコメントがつくことはまずありません。
    アクセス解析結果から同一人物と思われる「アユモドキ保護者」「京都府民」「通りすがり」については、一般の閲覧者に対してお目汚しも甚だしいので、一定の制限をさせていただきます。
    某匿名掲示板でもご活躍のことと伺っていますが、こちらは掲示板ではありませんのでお間違えなく。

  36. 元亀岡市民J より:

    「アユモドキ保護者」と「京都府民」と「「通りすがり」が同一人物であったとは不思議です。いくらハンドルネームを変えても、同じパソコンからアクセツしたら、記録が残って、同一人物であることが明白になることをご存じないのでしょうか。それとも、第三者に、パソコンを乗っ取られていたとでも、言い訳するつもりなのでしょうか。謎は深まるばかりです。

  37. 元亀岡市民J より:


    「アクセス」でした。申し訳ありません。

  38. 酒井 あきこ より:

    そのあたりの知識はあまりなかったようですね。
    昨年11月からの記録を見れば3つのハンドルネームを使い分けていることが明白です。
    もう二度とブログは見ない、コメント不要、と言い捨てた後にやはり気になって同じIPでアクセスし別の名前で2回コメントしたあと、また名前を戻してアユモドキ保護者としてコメントされていました。
    今度はIPを偽装して言い訳がましいコメントが入っていましたが、そういうことをやってもバレていないと思っているのが不思議です。こちらでは、ハンドルネームはコメントする際に外部に対してプライバシーを保護するものであって、同一人物が別人を装って無責任なコメントをすることを許すためのものではありません。
    IPアドレスごとスパム認定しましたので、もうこちらに出てくることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です