明日の臨時会10時〜 傍聴して下さい

再度ご案内します。亀岡市民の皆さん、どうかお願いです。
明日18日の臨時会を傍聴して下さい。本会議場は亀岡市役所8Fです。

スタジアムのための公園を作る。そのための用地を買収する、という議案です。
問題山積みのまま、皆さんの税金を使っての大きな事業が動き出そうとしています。
亀岡市はいま分岐点に立っています。

私は、この大きな議案には、多くの問題点があると考えています。
十分な審査がされるように、市民の皆さんもぜひ注目して下さい。

18日10時〜本会議、質疑、そのあと委員会で実質的な議論がされます。

そして再び本会議。そこで、委員会での議論が報告され、それをもとに亀岡市議会全体としての判断をします。

それを見て下さい。本会議も委員会も傍聴できます。途中入退室OKです。
傍聴に来て下さい。

既に市民から直接、それに他府県の議会関係者、他市の市民からも傍聴の意向をお聞きしていますが、できるだけ多くの亀岡市民にこの議案を審査過程から見守っていただきたい。

明日、傍聴にお越しの皆様に、これまでのお話をかいつまんで。

スタジアムを誘致する、土地は亀岡市が提供しなくてはならない。
公園ということで整備するなら土地の買収費用に補助がつく。
公園を造ることにした。
まだ具体的な説明もできないし、公園の事業認可も降りていないし、補助がつく保証もないけれど、都合により土地の買収予算と土地取得特別会計を設けることを認めてほしい。

というのが、3月の定例会での亀岡市からのお話。
明日の臨時会では、

公園の事業認可も降りたし、補助が一部ついたので、土地の買収に合意していない人もいるけれど、都合により、できる部分の契約を認めてほしい。

というお話。
今回も具体的な説明はできないかもしれません。
土地をスタジアムのために提供することとは別に、公園整備は亀岡市の負担ですし、維持管理もしていかなくてはなりませんが、その公園そのものコストや妥当性も説明されていません。

それで土地を買いたいと言って認められるとでも思っているのですか?と私は不思議でなりませんが、これまでそれで通ってきたから今回もきっとそう思っているんでしょうし、実際に通ってしまうかもしれません。

以下に3月の総務文教常任委員会での質疑を抜粋します。

<委員長>
市の持っている情報をすべて出してほしいと言った。同意のない人の土地はどれ位でどのあたりか。同意書の中身は。計上されている予算ですべて買えるのか。今後、増額にならないのか。都市計画決定されるまでに急ぐ理由は。補助金の担保がない中で一般会計で買うことの理由は。補助金があたらなければ土地購入をやめるのか。補助金があたらないのに14億円の支出は厳しいと思っている。補助金が付かなければやめるのであればいいが、補助金が付かなくても進めるのならとても賛成できない。
<政策推進室長>
誰が応じていないか個人が分かるので詳しい答弁は控えさせていただきたい。面積は3%弱。地権者にして2%。
<委員長>
大体の場所でいい。
<政策推進課長>
場所は中ほどにもあるし、端にもある。同意書の中身は、その時の条件の中で合意して譲るという内容である。

で、11日(月曜日)の招集告示で出された議案資料では中身がさっぱりわかりませんでしたので、議案資料と地図を照合して確認しました。この議案の段階でも抜けている土地が「中ほどにもあるし、端にも」残ったままですね。このプロジェクトの問題点もどう解決していくのか具体的になっていない。市にとっては肝心のスタジアムそのものが、京都府では計画段階でしかない。

そんな状況で提案されようとしています。
市民が見ていないところで、これが適当に進んでしまっては大変です。
重ねてお願いします。皆さんの存在感を示すため、ネット中継ではなく、ぜひ直接議会へ見に来てください。

ご案内に対し、いくつかお問い合わせを受けましたので以下に追記します。

Q:市外在住でも傍聴できますか
A:できます。どなたでもOK

Q:無料ですか
A:もちろん

Q:子連れでもいいですか
A:保護者がいればOK

Q:10時に間に合わないかもしれません
A:途中入退出OK

Q:傍聴者は発言できますか
A:できません。拍手もヤジも禁止されています

Q:録音していいですか
A:録音、撮影は予め許可を取って下さい(詳しくは7F議会事務局まで)

Q:当日はどうしても会議場まで行けません
A:当日ネット中継があります。その録画は約1週間後から見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です