スタジアムについての市民との合意形成

スタジアムのための公園について、2月7日に公聴会が開かれました。

28名の公述申し出があり、当日は12名が意見を口述。87名の市民が傍聴しました。

その場では口述人から意見を聞くだけでしたが、ホームページに市の見解も併せて公表されました。

公述意見の要旨と市の見解

本日の大規模スポーツ施設建設予定地(保津川遊水地)の再考を求める立花議員の質問
「治水問題について、亀岡市民の生命と暮らしを未来にわたって安全・安心が担保されるのか。すべての市民の合意を明確にされたい。」
については、
「パブコメ、公聴会また、これから実施する都市計画案の公告、縦覧、意見書提出などの手続きを踏まえ都市計画決定を行うことから合意形成ははかられる。」
という答弁でした。

意見を聞くだけ聞いて突っぱねることを合意形成とは呼べないと思いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です