<1/17>アレックス・カーさんの講演

1月17日、アレッックス・カーさんの講演「美しき日本を求めて」がキャンパスプラザ京都で開催されます。(京都学園大学主催)

私たちも、美しき亀岡を求めて・・・ぜひお聞きしたい内容です。

集英社新書WEBコラム、笑い事じゃないことをお茶目に表現していて非常に面白いです。
亀岡にもアレックス景観賞受賞できそうな「作品」がすでにたくさんありますね。
放っておけば、駅北に大賞候補作が創造される見込み・・・

アレックスさんは、私が生まれた年から亀岡にお住まいです。あの計画をどのように見ていらっしゃるのか、伺ってみたいものです。

2 comments

  1. 元亀岡市民J より:

    講演を聞きに行ってきました。
    とても興味深い内容でした。
    質疑応答の時間もあり、
    スタジアム建設についてのお考えを
    聞いてみたかったのですが、
    他の方々の質問が、古民家再生に関するものが
    多かったので、KYになってしまうと、
    思いとどまりました。

  2. 酒井あきこ より:

    講演会をご紹介しておきながら私自身は以前から予定していた研修に行っていましたので、アレックスさんのお話を聞けませんでした。そのかわり・・にはなりませんが、夜はアレックスさんの著書「美しき日本の残像」を読んでいました。
    国道から眺めると亀岡の山に60塔以上の鉄塔が数えられる・・・とアレックスさんがとある講演でお話しになったとき、亀岡のみなさんは驚かれたそうです。
    本は2000年に書かれたものですが、いまも状況は悪化し続けているように思います。

    亀岡の素晴らしい自然・・などという耳に心地よいフレーズを多用しつつ、自分たちがやろうとしていることの矛盾には目を向けない。
    自然の豊かさを強みだといいながら、本当にそうは思っていないのかもしれません。
    開発したくてたまらない。

    「水・緑・文化が織りなす 笑顔と共生のまち かめおか」
    これが、亀岡市がめざす都市像だそうです。
    どこへ行くつもりでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です