スタジアム誘致の経緯(おさらい)

keii201303

亀岡駅北にスタジアム誘致が決定されてから約1年が経ちました。

スタジアム建設・運営は府がやってくれるので、亀岡市民の負担はない、と誤解している方も多くいるようですが・・・

用地取得(民地を買収します)とインフラ整備等に巨額の費用がかかります。借金もします。

将来にわたって市民の税金を使うことですし、亀岡のまちの姿も大きく変わり、市民の生活環境にも当然影響があります。交通渋滞、治水(スタジアム建設予定地一帯は2013年9月の18号台風の際には水害による大きな被害が出ました)、騒音、環境問題など、気になることがたくさんあります。

誘致してどうなるのか、しっかりしたビジョンを示し、メリット・デメリットを公開していただかないと。当然、メリット>デメリットだからこそ誘致するのでしょうけれど、その中身が市民にはさっぱりわかりません。

画像は、スタジアム誘致の経緯を一枚にまとめて、2013年6月一般質問の資料としたときのものです。そういえば、これ、ブログに載せていなかったような・・・と思い出し、引っ張りだしてきました。

ついでに、クリエイティブ・コモンズのCC-BYライセンスをペタリ。

再配布等できますのでライセンスに従って使って下さい。

利用しやすいよう、wordデータもつけておきます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
酒井あきこ 作『スタジアム誘致の経緯』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
http://sakai-akiko.kameoka.org/archives/5465 にある作品に基づいている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です