亀岡市で給食の放射性物質検査が始まりました

昨日、亀岡市で給食の放射性物質測定検査が始まりました。
給食の測定は、3月定例会で母親たちが議会に対して請願したものです。

その後、国から検査機器を貸与されることが決定しましたが、やはり東北関東17県が優先となりますので、実際に亀岡市に機器が来るのは9月あるいは10月になるとのこと。機種も未定です。

それまで待てない・・・
なので、亀岡市が厚労省の登録検査機関である島津テクノリサーチに検査を依頼し、結果は市のホームページで公開されることになっています。検体は公立保育所および亀岡市給食センターで使用する食材で実際に給食として提供したものです。

先ほど問い合せましたら現在公開の準備をされているところでした。今日中には見られるようになるとのこと。

島津テクノリサーチでは1ベクレルまで測定し、結果、検出なしとのことでしたが詳細は公開情報をご覧ください。

今日で小学校は給食が終了しますね。夏休みが終わり、給食が始まってもまだ機器が間に合わないようであれば、このようにして月2回検査に出すことになります。

測定・公開することで安心して給食を食べさせられるようになりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です