食材の産地公開

市立保育所の給食食材の産地公開が始まりました。
http://www.city.kameoka.kyoto.jp/hoiku/shisetsu/hoiku/sanchi.html

給食センターで作っている小学校給食とは異なり、保育所は調理室でそれぞれ作っていますので、食材の調達も保育所が行っています。

忙しい現場に協力を求めるのは大変だったことと思いますが、食材の産地公開が始まりました。このように、できることから進めて行っていただければと思います。

それで、産地を見ますと・・・少々気になる地名が・・・

出回っている食材は暫定基準値以下・・というのは何の安心にもなりません。逆に測定しなければ心配ということになってしまいます。測定がされていなければ地名だけで判断、となり、検出されていない食材までもが忌避されるのは残念なことです。

給食に使われる群馬の白菜を測定したところセシウムが検出されたために、キャベツに切り替えて出したということがありました。「風評被害」を防ぐために検査結果を公開しなかった事件。
http://nanohana.me/?p=8408

「風評被害」は事実を公開しないことで起きるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です