情報政策の推進体制について[一般質問の振返り]

情報政策の推進に、外部の専門家を活用してはいかがでしょう。という質問。

うまく伝わらなかったのは何故かわかりませんが、CIO(情報統括責任者)である湯浅副市長の答弁はいただけませんでした。(そういえば6月も12月も総務部長が答えてくれた)

調べてみる価値はあると思うんだけどなぁ。内容は過去記事に書いた通り。

かめおかeプラン21も情報セキュリティ組織・体制も形ばかりにとどまっている間に、総務省から新電子自治体推進指針が出されました。平成19年のものですが、亀岡市はまったく流れを追えていない。この指針の中にも【地方公共団体に期待される取組】としてCIO補佐官等外部の人材の登用があげられています。

10年もの間に陳腐化しているであろうかめおかeプラン21については6月答弁で

新たな庁内の推進組織等で、広範囲に全庁横断的にさらに検討を深めていくべき時期

とのことでしたが、これこそ専門家のサポートがあればどんなにいいかと。。じゃないと、手を付けられないと思います。

ソーシャルメディアの活用だって、同じく6月に聞いたときには

災害対応また情報公開の観点から、十分検討しなければならない課題」と答弁してくれたけど、検討していないか、なんとなく手を出したくないな、という感じで終わっているのでは・・・そもそもソーシャルメディアが何なのか使ったことがないのだから検討もどうしようもない。どんなリスクがあるのか、もし導入した場合はどうマネジメントするか等、相談に乗ってくれる補佐監がいてくれたら検討できます。(やらない方向になってもいいから、ちゃんと検討したほうがいい)

質問の際に参考にした資料はご案内していますが、量が多い上にあまり楽しい読物ではないため、まずはCIO(情報統括責任者)に情報政策に関心を持っていただくことからスタートだと思いました。私も伝える工夫が必要です。

2 comments

  1. King より:

    初めまして!Kingと申します。

    井上耕作さんブログ常駐しておりますが、初コメントさせていただきます。
    開発公社、住宅公社の問題で大変だと思いますが、この件に興味がありましたので・・・。

    たまたま仕事で、ITの某メーカー(営業ですが)に勤務しておりますので、内情がどうなっているのか気になりました。副市長と兼務はかなり難しいと思います。
    TCO観点で全体像を見渡せる立場は良いと思うのですが、細かいところまで目が届かないような気もします。
    TCO:http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/tco.html

    かめおかeプラン21。確かに陳腐化していますね。今はBPC対策が話題になっておりますが、亀岡市の現状のシステム全体像がどうなっているのかはわかりませんが・・・。

    個人的に気になる事項として、職員さんが使うようなクライアント端末(サーバに繋がったPC)は、従来のクライアント-サーバから、仮想化やサーバベースドコンピューティングの方向に向かい、シンクライアントというものに変わっていくと思います。

    ・IDC(有名なIT調査機関)から出ているデータです。
    http://news.mynavi.jp/news/2009/11/25/041/index.html
    ・シンクライアント
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88

    世の中の流れからすると、いずれはこうなるでしょう。中途半端な知識や縦割でBPC対策や、セキュリティ対策を立ててしまい、パッチワーク的な対策、計画をしてしまうと二重投資してしまったり、再整備するのに、多くの損害を出してしまいます。これらは副市長兼務という立場から、検討するにあたってよい判断ができる立場にいらっしゃると思いますが、この議論するのにも、相当な労力がかかるわけです。

    どう考えても、外部の力は必要で、良いノウハウが入ってくるのではと思いますが・・・。リンク先の記事にもありましたが、よそ者の話を現場がまともに聞き受け入れるか??? また、ほかの職種と違い、スキルもすぐに陳腐化されるので、肩書きがあまり役立たない世界だと思いますので、実際に賛成・反対は悩ましいところではありますが、考えてみる価値はありそうですね。

    ですが、一番重要なのは、CIOが全体最適化するための、情報収集力と人を動かす力が、むしろ重要なのではないかと思います。それがあれば、現場はついてくるでしょうし、外部に方も入りやすくなるでしょう。

    また、データセンターがどこにあるかわかりません(外部のサービス利用されているかもわかりませんが)、例えば旬の話題とも話がかぶりますが、使い物にならない土地の有効活用に使えるかもしれません。災害リスクの少なくて、ネットワークがあれば、水もいりませんし。副市長兼務の立場でいらっしゃるのであれば、ITと土地活用など、そういった全体最適化の提案などをしていただきたいという期待もありますね。

  2. 酒井あきこ より:

    kingさん、
    副市長兼務は大変ですが、行政のプロとして組織のことや業務内容については熟知されているわけですから専門家の助言を受けながらCIOとしての職務をしていただければ、技術的なことまで細かくわかっている必要はなく、今以上に全体業務が最適化されるのではないかと思います。
    ここでの最大の問題はCIOが情報政策にあまり関心がないかもしれないことでしょうか。他にも特別職としてのたくさんの仕事がありますから、それも仕方がありません。
    今後も情報政策の充実への優先順位を上げていただけるようなわかりやすい提案をしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です